元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
IKEAのタンスに閉じこめられたサドゥーの奇想天外な旅

 タンスに閉じ込められるとか、おもしろいなぁ…ってIKEAか?!
何故お店の名前を出しちゃうのか、思い切りの良いスタートです。
 あとサドゥーってなんだっけ?
インドの修行僧系と言う認識でよかろうか。
うん、多分合ってる。

 で、どんな話かと思いきや…うん、想像とちょっと違ってて、真っ当な不思議旅でなく、作り物めいたストーリーだったのが残念?
 何故疑問系かと言うと、確かに奇想天外ではある。
現実世界だし、巻き込まれ体質以外の部分に小説としての飛び道具はない。そこら辺はフェア。
 例えば奇想天外と言えば『不思議の国のアリス』だとか『ガリバー旅行記』だとか、あの手のファンタジーは反則技(現実から見て)が多いわけだけど、難しい組み合わせだね。端からファンタジーですと見せる世界だとこっちもそう言う心積りなのか、逆にきちんとした現実世界舞台でやられると、与太話、法螺話を聞かされてる様に感じてしまい。
私は読書センスはあまりない方なので、楽しむよりもまずうがってしまう。
 と言うのも、これ、コメディーや或いはギャグカテゴリーのお話なのだけど、どうも外国人との感性の違いか、確かに冗談作品と解りはするノリだと解るが、笑いのツボが全くはまらない。うん?肩肘は張らなくていいのだけど、笑い所はどこ?全部とか言うなよ??
 笑いの山谷が掴めなくておかげでギャグとしても読めないと言うか…。
 少なくとも冒頭の『飛行機に乗って外国のIKEAに修行用針ベッドを買いに来た(詐欺で)』は笑う部分だと解った。

 でもこの本は斬新と言う点では今まで類を見なかった設定だと思う。
主人公がインド修行僧、かつ詐欺師が入ってて、世界中『輸送』されまくると言う立身出世物語。
この設定を考え付いただけでも面白いけど、これで本を出そうとしてさらにベストセラーになったのも凄い。
かなり人気があるのだってね、この本。
 まぁ厚くはない本なので、何も考えずに読むのに適した本かと。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック