元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
あいつとぼくら

 紹介されており気になった本。(あれ?これ、紹介されていた本の表紙と、絵が反転なような…。)
 カバの子供たちの前に『あいつ』が現れる。
乱暴者のあいつのせいで、平和な暮らしが少しずつ―と言ったもの。
 上手く知恵で撃退する話、と聞いていたので、カバは子供ではなく大人だと思っていたし、実際の中身よりも軽いものを想像していた。児童書だしね。
 そしたら本気で乱暴の中身は『殺された』とかだし、撃退の仕方も半端ない感じでちょっと珍しいものを見た。
いや、これ児童書の皮を被ったちょっと後味の悪い話だろ、と。
 ぼくら側はハッピーエンドだから後味とは言わないかもしれないけど、何と言うか勧善懲悪の終わり方とはちょっと違うんだよなぁ。
賢いのか、陰険なのか、逃げなのか、現実的なのか、この撃退方法をもし児童書で持ってくるなら、あいつは泣いて謝って改心するのが王道のはずなのに…。
 I`ll be back.或いは村八分。スッキリしない…。
まぁ乱暴者の方も手段が絡め手も使ってきていて、一筋縄じゃない所は同じなんだけど。
 一瞬何かポカンとしてしまう発生と流れと解決方法なのだけど、これが『戦争童話』系を書いてきた著者だと聞くとちょっと意味有り気にも感じたり。
これを紹介していた人も軍国主義的な云々にちらっと触れていた。
 別に込められた意味などない単純なお話ですよと作り手は言うかもしれないが、『殴られた殴り返す』と言う時代の形式に対してのひとつの答えなんだろうなと思いながら本を閉じる。
 これ、動物の世界でやるのがまたカモフラージュ的なんだよね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック