元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
子どもの本の海で泳いで

 岡田さん目当てで。
たくさんの人が一人の作家に関して寄稿をすると言う形で、超豪華な特集号、あるいはどこかしら昔の同人誌風、はたまた出版社の紹介本なのですが、その中のお一人なのですね、岡田さんが。
 こういうパターンのジャンルってなんて言うの?
他己エッセイ?アンソロジー?追悼本…じゃないよな、別にご存命等関係なく。まぁ本人のエッセイも文章も入ってるわけで。
一方著作の紹介もたっぷり。
一、二作気になる本があり読んでみたくなりました。
 岡田さんの頁は作品でなく、この人の本の一冊について思いを語る短いものでした。
 この人の名前自体初認識だったのですが、人脈が凄くて、作品の数やジャンルも多岐に渡る。
ここまでの人数にエピソードや著作を語られると、多角面から見過ぎでもうどんな人なのやら、余計混乱してしまいました。対談なんかでももう各々が思う印象をぶつけ合い、食い違いもあってそこが逆にリアルで面白いなぁと思ったり。
 自分の興味とは別の所で読んだ畑違いの本ってなかなか久しぶりだったので、新鮮でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック