元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
都筑道夫恐怖短篇集成 1

 ショートショートと言っても良いくらいの短編を詰め込んだ、恐怖もの。
とは言えいろんな意味の恐怖があるので、悪魔の願い事みたいな定番ネタや殺人者に対する恐怖、夢、いろんな意味のいろんなお話です。
これでまだ3巻もまであると言う。
 いや、本当に多作なんです。
文庫だけど結構分厚くて重い。
最初は1巻だけ読んで適当に暇を潰すか的な読み方してたんですが、すぐにグイグイ入り込んで、次も読んじゃおうと言う気になりました。
 敢えて恐怖物なのはとっつきやすいからだけなんだけど、これで他のジャンルの全集に手を出したりなんかしたらすごい量になりそうだわ、この人。
 恐怖物に対して恐怖でやられた、となる話よりも、ショートショート的な皮肉、捻りに唸る事が多いかな。
中には意味が掴めないものもあったけど、ほぼ及第点以上の作品だらけで手堅い印象。
これだけ数撃てばダメなものも混じりそうなものなのに、さすがと言うべきか。
本当、この人のアイデアの多様さと数にはいい意味で呆れます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック