元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
怪談えほん10 はこ

 相変わらず美味しすぎる作家陣で今度は小野不由美。
箱の中に何か入ってるようというただそれだけで小さい箱、引き出しの中、不自然なまでに大きな箱、そして―。
とその中に何かが取られて仕舞われて、自分から隔離されていると感じる少女の視点からの絵本。
 犬が居なくなる。箱に入っているのかしら?
皆が居なくなる。お母さんが―いや、お母さんはまだ居る。今度は誰が居なくなるの?
 それは果たして相手が居なくなったのか、自分が居なくなったのか―ちょっと比喩っぽい怖さかな。

ところで9巻がないのですが、どゆ事??
刊行されてないんだけど、順番に出さんのか…。作家だけ決まっててタイトルもないし。また豪華な作家さんだけど…遅れてるのかな?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック