元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
湯シャン&アトピーを考えてみた6
 真冬になってからもったりとバリバリの頻度が上がってきた。これは週末に一度洗髪をサボるとなりがち。
…気温の良い頃はこれでいい感じだったんだけどな。
真冬になると脂の固まり方が違うのかしら??
自前の油が根元で留まって降りてこない感じ。
 理論的には夏に比べると汗はあまり掻かないし新陳代謝も弱い、油分も減少ともったりする要因がないんだけど、逆に言うと脂が溶けにくいって事で、根元に溜りがちで毛先回らずは頷ける現象。
ただ頭皮と根元をしっかり洗おうとすると毛先の乾燥が激しくなるのもセットなんだよなぁ。
 上手い事頭皮と根元だけ洗いたいもんだ。毎日弱目に洗うくらいでやってみるか。
オールシーズン試してみたけど、真夏と真冬は調整が難しいみたい。
 で、1月は正月気分で和風のノリがあって、バリバリしてきたら『フノリ』という事で小麦粉からフノリに乗り換えてみました。
『きな粉』も使い切りたい所ではあるけど、栄養与えたかったんで先にフノリ。
フノリはしっとりはするが汚れ落ちはそこそこと言う感じかな。
 この冬は週末に気が向いたら何らかの粉で洗髪、と言う感じで『平日弱目のブラシなし湯シャン、休憩、粉orブラシあり湯シャン』のサイクル。ブラシもね、加えると一気に洗浄力上がるから有り無しで加減出来て便利よ。
なおやはり小麦粉よりフノリの方が手の乾燥は抑えられた。当たり前か。

 アトピーの方は一回大掃除で酷く荒れてから、真冬の手荒れ状態にそのまま移行しちゃった感じで、まったく冬には勝ててません。
おのれ、手汗からの汗疹がようやく無くなってきて酸性な攻撃が止んだ所なのに今度は水分不足か。
ちょうどいい時期が来ません。
 ワセリン使用も増えてきました。
まぁ風呂後の酷い時だけ。
 ちなみにアトピーの薬自体はもう使わなくても大丈夫と言う自信が付いたので、処分。
一応酷い時には…と心の保険的に置いていたのだけど、数年開封してなかったので、もういいだろうと。

 ところでそんなアトピーと関係なく、久しぶりに手以外の部分に肌荒れ勃発。
両腕です。
肩から手首までにかけて、めちゃくちゃ痒くて掻き毟った日がある。
 少しでも掻いちゃうとすぐに赤い線で残るので、久しぶりに『誰にやられたの?!』状態の虐待後の様な傷跡が。
…ただ一度掻いただけでこれだよ…。
 びっくりしたのは前までなら赤いだけで痛くなかったんですが、今回は掻いただけで赤い皮膚の所までいっちゃってたようで、擦傷の痛さ。そしてカサブタ。
…ぇえええ…体液出るレベル??どんだけ弱くなってんのさ、皮膚。
 まぁこれは寒さで加減が解らず掻いたせいだと思いたい。
 痒みの原因は解ってて、恐らくヒートテック。
あれの乾燥するって噂は本当なんだなぁと思う。
毎回とは言わないけど、年に数回、この腕の痒みはヒートテック着た日になってるし。
これだから便利なんだけどなるべく着ないようにしてるんだよ、ヒートテック。(なお安物のヒートテックもどきはならない模様。(笑)ある意味確かな効果だよな、ヒートテックは。)
 対策としては着る前にワセリン塗るとマシです。
 次から買う保温肌着、悩むなぁ…長所を取るか、短所を排除するか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック