元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
配達あかずきん

 何とも意味ありげな素敵タイトルと思い手に取る。
書店員が探偵役となるちょっとした事件ファイルと言った所でした。
そうかー、突飛もない小説ではなかったか。

 短編連作なので、大したミステリもなかろうと思っていたのですが、これが中々凝っていて面白かった。
一話目の暗号ものがぐいっと来たね。
(ただこの本通り持って行ったりしたら犯人に疑われそうだが。)
 有りそうか有り得なさそうかで言うと有り得なさそうな事件でしたが、ワンアイディアものとして勢いがあった。
 二話目は源氏物語ネタだけど、内容のほっこりさはさておき、あまり源氏物語に興味を感じないのでまぁ淡々と読む。
しかしあのきっかけだけで謎が解けるとか、関係者が上手い事知り合いだとか、ちょっとネタに対する肉付けが自然じゃないかな。
もしかして基本こういう感じのストーリーメイクなんだろうか。
 で、主タイトルの『配達あかずきん』に到達。
あかずきんのイメージは皆無で、むしろ悪いイメージの配達人でした。配達先に本を届けたら、その本から脅迫状が発見されて、いつどこで封入されたのか―?と言う感じのお話です。
 これが一番ややこしい(と言うか凝った)お話でしたが、やっぱりタイトルが巧いよな。引き付けられる。
 あとあと、後書きの対談でやはりこのタイトルの秀逸さを褒めていて、コピーライター的な表現が凄いなと失礼ながら小説家よりは単語センスの方に賞賛を送りたい作者さんです。
 四話目、ほんのり恋の予感。
本が繋ぐこの手の話はロマンティックすぎて見ているこっちが照れる。昔の図書館の貸し出しカードのノリを思い出します。
 五話目、盗作疑惑の漫画のお話。これが今風でいいなぁ。ネット炎上。
ただ今時のネット民らは作者の絵くらい見抜きそう。
 あと、作者が出てくるのは…ちょっと出来過ぎ。ただ、このお話が一番読んでいておもしろかった。

 全体的に作り物感はあるし、想像とはかすりもしないタイトルだったけど、まぁ悪くない読書でした。
そりゃどんなミステリでもフィクションではあるしね、有り得ないと言っちゃ終わりなんだけど、悪い意味でなくそういう見せ場山場を飽きさせないために入れ続ける、展開を調整した作りだなと感じました。劇とかドラマとか、そっち向き。
 キャラで読むのか、トリックで読むのか、そこら辺の構えがないとどうも読み手としての準備が出来てなくて上手く入り込めないのが自分が読書下手だなぁと思っちゃうところです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック