元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
鍋磨き
 年末の大掃除で私の与り知らないクレンザーが出てきました。
…この家の掃除溶剤系はすべて私が用意していると思ったらどっこいそうじゃないんだな、これが。
 掃除はほぼ趣味ですんで、家人が普通に買って置いてある市販品とは別なんですね、私の掃除道具。
一緒にしたらいいんだろうけど、トイレにはトイレ、風呂には風呂と言うはっきりきっぱり書いたものしか家人には扱いきれないようで、重曹はこの素材、セスキはこれとか把握しきれないので敢えて共用にはしていません。
(重曹、セスキ、クエン酸、過炭酸ナトリウム、電解水、アルコールにファブリーズ除菌(笑)が私の7つ道具となっております。)
 しかし転がり出てきたクレンザーは埃を被っており、使用してないのは明らか。
…一応ヤシ石鹸系のクレンザーか。
捨てるには忍びないし、

鍋でも磨くか

と言う気になりました。
 台所掃除をしていて思ったね、鍋の焦げ付きや焼けが気になる。
とは言えうちには山ほど鍋がありましてですね。
買ってくるのは家人のため、鍋の素材がイマイチ解らない事もあり、下手に溶剤を使えなかったのです。
 本当は煮たい。
巨大鍋があるのでそれに重曹やクエン酸を入れて他の鍋をガンガン煮たい。
 このクレンザー自体は特に使用禁止素材を見る限り問題なさそうだし。
 なお家にある鍋と言えば

ステンレス大鍋(炊き出しに使えるレベル)
鉄中華鍋
アルミ行平鍋
テフロン玉子焼き器
テフロンミルクパン
銅平鍋
ホーローシチュー鍋
ホーロー寸胴鍋(ざる内臓)
土鍋
鉄一人鍋
鉄すき焼鍋
鉄ジンギスカン鍋
陶器焼き芋鍋
木製蒸し器
ステンレス大薬缶
ステンレス小薬缶
温度計付天ぷら鍋

 …あれ?これでも鍋、捨ててもらったはずなんだけど何これ。
何でこんなにあるの?おかしくね??
 しかし実際に確かにほとんど使用してるわ。
ううむ…用途は兼ねれそうなもんだけど減らしてくれとは言い辛い。(大鍋とフライパンと鍋物用、薬缶があれば十分と言う気はするのだが。)
 なお素材は見た目で勝手に判断しています。

 とりあえず傷を付けちゃいけない系はクレンザーはお預けとして、ちょっとずつ綺麗にしてみようかな。
そんな気になって早速やってみたのですが、うん、まぁ…。
 何と言うか若干は落ちるがまず焦げはほぼ残るな。
でこぼこは磨き落とせばいいけど、でこぼこしてない変色は化学変化の力を借りるしかないレベル。
テフロン系の鍋なんぞ、外側の色がもうわからないくらい焦げ付いてるし。これ青?地の色が解らんよ??
 まぁクレンザーは山の様に残っております。
普段のちょっとした汚れ様に置いておいたらいいかな。
少なくともざらつきや水垢は落ちたと思える。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック