元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術

 技術…かなぁ??
コミックでした。実体験漫画。
 物凄い汚部屋に住んでいて、一念発起して部屋をきれいにした作者さんの、掃除の流れ。
技術…じゃないと思う。
自分はこうした、と言う話なだけで、メソッドがあるわけでもないし。
 技術と言うのは『こういう場合はこうやって』とか目的手段を理論立ててどんな状況にも対応出来る知識とノウハウを言うのであって、『私はこうしたよ♪』は全く汎用性がない話かと。
特に掃除を始める順番とか。
台所からが良い人も居れば、寝室からの人も居るし…。
 部屋が汚れる理由はそれこそ千差万別で、同じ対処法で解決が図れるなら部屋が汚い悩みなどここまで大きな話にはならないと思う。

 まぁタイトルについてどうの言ってますが、内容自体は面白かったんだよ。
技術でなくエッセイとして読むわけで。
 このいつの間にか物が増えていくじわじわとした『わからない』『何故』『いつの間に』と言う焦り感。
この人の絵、可愛いけどどこか表情が緊張や不安を内在していて、笑顔の絵でも暗い感じに見えるのね。(良いか悪いかはおいといて。)
この自分事でもないのに不安に煽られた気分は、本当に心臓に来る。
このままじゃヤバい。そう思えるのです。
 だから汚部屋を前に、どうにかして!早く!がんばれ!と応援しちゃう。
 この作者さんは貯金がない本も描いてるんだけど、こっちも気になっちゃうよ…。この不安感をお金の事で煽られるとこれもすごいキそうだな。
 すっきりしていて見やすい絵ですし、ゴミも写真でなきゃ平気で見ていられるわけで、デリケートな中にもこういうビジュアル的なオブラートがありそこら辺は安心して読めます。
 正直『すっきりしたよ~!』の部分より『また困ったことに…』の部分の方が面白かったです。
反面教師?或いは戒め?

 絵だけは凄く印象に残っている作者さんで、今回初めて読んだけど、期待通り、いや、エッセイで内面も見ていると、それ以上の作者さんでした。
満足。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック