元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
貧乏入門

 断捨離本として手に取ったのだけどイマイチ。
私の感性や性質とはズレを感じしっくりこず。
 本としての評価が割と高めで期待してはいたのだけど、どちらかと言うとお金に関しての内容が基本で、果ては多くの欲望とその達成を『その幸せは誤魔化してるだけ』と言う結論に行くのがちょっと…。
 こういう、他人の主観を本物か偽物かって証明出来ないもので、また何が幸福かはそれを感じる唯一本人次第だと思うのですが、自分を騙して不幸になっている人が確かに存在する一方で、本当に幸せなのにこの言葉で自分の幸せに疑いを持つ―そんな人が出る事の想定は無しなのだろうか?
 著者さんはお坊さんだそうですが、この世の思想はただ一つと言う風に聞こえる説法はどうかと思う。(この本が仏教本ってわけでもないのだけど、中でお坊さんアピールはしてるわけで、なら中道って、ないの?声高らかに『何かを否定』する一文が少しでも入っている思想本はちょっと構えてしまう。肯定文だけで説明されればまた違うのかもね。)

 まぁ貧乏=金がないと言う単純方式ではありませんよと言う部分や、幸せと不幸の波の高低あたりの掘り下げは分かりやすい。思考の人ではあると思う。
 ただ、確実に断捨離路線の本ではないのでそのつもりで手に取った私には必要のない本でした。
物理的に捨てる技術でなく、精神論本。
すでに日々捨てようとしている人向きではなく、物を捨てられない人の意識改革向け。
その点タイトルに偽りはないな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック