元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
放課後はミステリーとともに

 霧ヶ峰涼シリーズです。この名前…上手いよなぁ。
探偵っぽくあり、かつふざけてる。
他にも烏丸千歳とか。(ギャラクシーエンジェルで居たな…。)
 衝撃の一話を他のアンソロジーで読んでいるから二話目以降は騙されませんよ。可愛い僕っ娘の主人公です。

 さて、以降も奇妙でどんでん返しのたくさんある捻りの効いた事件がたくさん。
基本、彼女が推理する→解決→と思ったら実は裏はこうだった。とか他の誰かが彼女を差し置いて推理する→先を越された→と思ったらさらに彼女が真の別の事実を推理する、とかどの時点でも『そこで終れる』オチが存在しているのが作り込み丁寧。
 また出てくるキャラも味のある個性だらけ。
地学の美人教師はぶっ壊れているし、不良の兄ちゃんはどこか親近感溢れているし、タカビー芸能人は絵に描いたようなキャラ立ち。
どの人物もカラー強過ぎでしょう。
 そして主人公がそもそもずれてるから、その対話シーンがギャグにしかみえない。
この軽妙なテンポがたまりません。

 正直イラストはちょっとしっくりこなかったのですが、中身は大満足。
読みやすいし、次巻もすぐに拝読決定にしました。
ミステリーだの推理小説の部分以外の魅力もあるシリーズだと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック