元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ほおずき
 昔からほおずきに関してはずっと甘い幻想を抱いておりました。
違うと頭では思っているのですが、何かで読んだんですよ。
ほおずきを食べるシーンを。
 ただ、それはほおずきとは思えない描写。
まるで固い木の実のような、冷え冷えとしてシャリッとしたみずみずしい甘さ―。
 これをまだ『瑞々しい』なんて単語を知らなった幼い私は、こんなイメージでその味わいを想像しておりました。
 大きな、マカダミアンナッツみたいな硬さのシャリッと感で、水に濡れた糖蜜の様なコーティングが感じられる美味しいもの―。
今ではほおずきの実の固さと言うもの、瑞々しさの解釈も的確に出来ますが、おかげで私の中でほおずきは幻想果実となっているのです。現実にありえない楽園の味。
 まぁ実際のほおずきを食べた事もないのですが。

 そんな私の前に現れましたね、

ほおずきチョコレートが。
hoduki.gif

 …いいんだろうか、ノーマルほおずきを食べる前にこれで。
かつほおずきを食べてしまってこの幻想に終止符を打つのは。
 しかし日常、ほおずき(食用)って見た試しがないので、チャンスに手を出してしまいました。

 何が凄いってこれ、チョココーティングだから上から飛び出した玉ねぎの皮の様なものは正しくほおずきの皮。
………切り落とさないんだね、そこ。

 で、相当夢見てる分差っ引いてお味を確かめる。
む、なるほど。
ミニトマトの甘いやつの感じか!
ははぁ…結構ちゃんと野菜系の味しますね。甘い内だと思うし。

 楽園の味は消えましたが、ほおずきの味は覚えました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック