元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
幽霊刑事(デカ)

 有栖川。
この人の作品は手広く、ユーモアとニーズのさじ加減が上手く、多芸で要領がいい作品―と言うイメージなんですが、本当、いろんなものを書くなぁ。
タ イトルからホラーじゃないと解りますが、予想通りの軽めの刑事もの。
と言ってもコメディとまではいわず、真剣に1から10まで捜査捜査。
本格的なミステリだったのが意外。

 さらに恋愛ものだったわけですが、これが…切ない~!
そりゃ最初から主人公は恋人残して死んでますけど、良くある話だと実は昏睡状態で最後に目を覚ますとかありそうなのに、これは荼毘に服した後です。
別れしか見えない。
 更に刑事として追うのは、自分を殺した犯人なのですが、最初から犯人が解っていて証拠を集めると言うのは面白い手法だなぁ、と。
幽霊だから物にも触れず、伝える手段もないし。
唯一霊感のある同僚の刑事とだけ会話は出来るが―。

 途中、端々のトリックだとか、シュガースティックなどのアイテム等々、とにかく微意入り細に入り、巧い。
この人の作品は本当に解りやすく、フェアなので読んでいて安心感もある。
抽象的に言うと丸く完成された形状を思い起こさせるんだよね。素材も硬くない感じの。
 とても面白く読めました。
最後のスパンと切るような終わり方が、また余韻を残してくれます。
 …うん、後日談が知りたいのが気に入った作品の常だけど、これに関しては後日談は書いちゃいけないわ。主人公目線と言う『らしい』ラスト。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック