元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
なんにもない部屋のもの選び

 続いてミニマリストの物についての語り。
ミニマリストって一旦物を減らしまくってからまた細分化されて行くんだけど、この人は一点豪華主義派かな。
どうせ持つなら徹底的に気に入ったものと言う。
だからこその『もの』についての本。
 ここら辺は自分が何を気に入るかに寄るんで金額の多寡についてはいいんだけど、やはりこれもこの人のエッセイ的なものとしてだけ読む本。
こうしろああしろの指南書ではありません。
これくらいのエッセイが一番うんうん言いながら読んでいられるかな。
 実用、指南書で『捨てろ』本はなかなか他人の意見って入り辛いもの。
この手の本を読む人も、また細分化される気がします。
技術を得たい人、状況を共感したい人。

 気楽に楽しく読めました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック