元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
犬とハサミは使いよう [1]

 とある事件に巻き込まれ死んでしまった主人公が、「あの本の続きを読むまでは死ねるか!」と蘇り、何故だか犬になってしまっていたと言うプロローグ。
 何と言うか話はハチャメチャなのだけど、勢いがある作品でした。
作りも粗い感じに思えるのですが、何故か嫌いになれない流れ。この本には不思議なパワーがある。
何せその事件に至るまでの主人公の『本が好き!』具合が実に迫ってくるのです。
 世の中の本を読み尽くす事は出来なくて絶望を感じたり、歩きながらでも読む時間が欲しくて、本、本、本…!大なり小なりの思考が、本好きの頷きを以って迎え入れられます。
 犬になってからは高飛車変人美少女に飼われるのですが、美少女のエロい仕草にも「文章になって出直してこい!」と言うデレ無し態度もえらい。これは美少女が出てくるくせに、単なるイチャツキライトノベルではないですわー。

 で、その少女が実は主人公の大ファンであるところの小説家だったり、事件に次ぐ事件、自分を殺した犯人との対峙と分かりやすいアニメの様に目白押しイベントが起こるのだけども、そんなハチャメチャの中の主人公の思考や行動が、嘘がないリアル感と言うか…変な事を考えたとしても、『らしい展開』『普通はこう考える』って言うのと、結構現実って違ったりするじゃないですか?そう言う『ずらし』が絶妙。
 死んじゃって俺、可哀想と言うセンチメンタリズムを投げ捨て、それよりも目先の本だとか、意外と人って『でも飯食わなきゃ死んじゃうじゃん』的な行動、あるよね。
(死んでるけどね。)
 お約束を煩悩優先で外して、勢いとノリとちょっとだけ優しい味付けで読ませる。そんな本でした。

 アニメ漫画ネタも随所に盛り沢山。
タイトルはちょっとだけ捻ってもいいと思ったけど。(ハサミの意味有るんだろうか。)
 これ、1って書いてるから続きあるのかぁ…と調べたらえらい出てた。アニメ化もしてた。
(ああ、アニメ…声合ってるなぁ。変にキンキン声してない作家先生、良いです。)
ありすぎて今から読むの、ちょっと躊躇する。あと美少女キャラが増えまくりのようで、一巻のノリが変わってしまう事を危惧。ううむ、ここで止めておくのが吉かも。
そう言えば一巻の終わりで早くも作家先生、デレてたな。
 それにしても楽しく読めました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック