元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
夜を歩けば 1

 かなり前からリストに置いてあった本をようやく手に取る。
続き物だからどうしようかと思っていたのですが、まぁ一巻は常にお試しだね。

 特に印象に残らない…なんか同人やネット臭のする読感です。欠点と言うほどの物はなく読みやすいのだけど、設定、キャラ、話の流れと新鮮味は無し。
通常ならざる物が見える主人公、異能バトル、雰囲気ありげなキャラ達、どこか醒めている思考や会話運び―。うん。
 表紙のせいか女の子が主役と思っていたら、異能者は男主人公の方でした。
一話完結で連続していく形なのですが、一話で終った女の子をまさか表紙メインに持ってくるなんて詐欺―と思わせておいて実は終わってなかった。
 そのまま男主人公なんですが、彼女の能力開花が話の真ん中にあって、そりゃ絵にするなら女の子メインにするか。
実際この女の子の方を主人公にしてもいける気がするし。

 キャラが増え、話が進むにつれ異能バトルシーンも多くなってくるのだけど、どうも一方的展開気味で、どんでん返しが無く予定調和な流れ。
知能戦とか駆け引きとかじゃないな。
 折角の異能ものなのだから、一筋縄ではいかない相性的なバトル、あっと驚く戦術なんかを期待したかった。ビジュアルバトルは食傷気味だもの。(まぁこの辺は作者自身ごく限られた能力物として書いているらしく、ならば狙い通りの仕上がりなのだなとも思った。)
 大筋の敵との対峙はちょっとダレた。
敵の後ろにまた黒幕…と言うのは最終の敵に期待が高まるだけに、あっけなく終った時の反動がすごい。
 どうも黒幕自体の犯行理由が小物過ぎて、まぁそう言った悪の求心力のない人物でも、少しの異能を持てば狂ってしまうと言うテーマは身近過ぎて怖いんだけど。

 最後まで自分のこれぞと言う点がなく読み終えたのですが、話が進めば異能も掘り下げられ複雑なバトルが見れたり、キャラの掘り下げ話でがっつりハートを掴まれたり、そんな可能性は見え隠れしている感じです。書き切られていないキャラがたくさんだし、主人公自体何もさらけ出していない。
これはどのスパンの長さで構成を考えてるかが胆だな。
 ただ一巻でそこまで行かなかったので続きを手に取りたくなるかと言うと微妙。全員のキャラを浅く匂わせるか、主人公を徹底的に掘り下げて響く読者を掴むか、難しい選択ではあるのだけどね。正直自分もどちらで読みたいのか解らない。

 次の巻もテーマ的に明るくない様なので、自分向きではないと言う判断で本を閉じました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック