元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
ちゃんとした喪服
 先日ファスナーがイカれて、頭すら通らない状態になった喪服。
ジャケット部分のみあるとはいえ、やはりどうしたって喪服の黒は普通の服の黒とは違うので浮いて見えます。
これ以上引き伸ばしには出来ぬ、と喪服を買う事を決意して、

安いお店から見て回ります。

(当然よ、ねぇ?)
 ところがどっこい、安い店は…うん、安いなりのアレだ。
この黒、本当に黒ですか?と言う喪服の黒になってない黒。…ダメだ、これはさすがにダメ。
以前の喪服がそれなりの物だったので、あの黒と比べてしまいこれでは納得がいかない。
 次にちょっとずつ値段を上げてみていくのですが、あの、何と言うか…

何故可愛らしいか、年寄りっぽいのばかりなの??

喪服にリボンが要るのか?!そのラインは何だ?!むだにレーシー!
あと変わり種襟とか要らないから、普通にスタンダードな飾りのないやつ、あるでしょう?ねぇ?!

ほとんどないのな。

 …ぇ、喪服って流行り廃りがあるの?シンプルなのあるよね、一番ありどころだよね?
むしろスタンダードすぎてその店々にひとつくらいしか置いてない感じなのでしょうか。
 お高い店も同じようなもので、本気の喪服は値段も本気過ぎてそれはちょっと出せないなぁ…なんて値段でした。
ああ、しかし黒が綺麗。さすがに綺麗。

 そう考えるとあのダメになっちゃった喪服、シンプルかつきちんとした黒で、最高だったんだけど…。
(母親のを譲り受けたんですがね。)

 ―こうなればやはり修理か、とファスナー交換を考え、そう言った修理も高いのは解ってるんですが、新しい喪服を買うよりもずいぶん安いし、探す手間も省けるわといそいそと持ち込みの準備をしておりました。
 で、直前で思い立ち、滑りが悪い(どころか噛んでいるわけでもなく止まってますけど)ものには蝋燭じゃね?と試しに擦り込んであれこれ引っ張ってみる。
あ、

う、動いたーーーーっ!(*T▽T*)

かなりぎこちない動きですが、ひとまず動いた。
後検索ですが、ファスナーって実際蝋燭で直すんだって…。マジかよ、蝋燭、おばあちゃんの知恵が万能すぎる…。
(専用スプレーもあります。)
 喪服に白い蝋燭だからまずい気はしていたのですが、こっちはまぁ言うほど跡は残りませんでした。最悪クリーニングすればいいしね。
 とりあえずスムーズにはなりきれてませんが、頭が通ればワンピース型の喪服は脱ぎ着出来ますので、このまま続投決定。
最悪ピンで留めればいいよ、なぁ?!
(一番ダメなのは一度着てしまってからファスナーが開かなくなるパターン。その時は…本当におサラバばするしかない。)

 あー、もう本当、一時は冬のボーナスはたいてきちんと喪服買う羽目になるのかと思ってビクついたよ~。
間違いなくタンスの中で一番高い服になっちゃうな。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック