元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
お洋服足し算引き算
 コーディネートでなく物理的な話。

 さて、では今タンスの中に気に入っていない、よれてきたと言う服はないか?
特に黒の服。
見つけ次第なるべく他の色に変える様に考えつつリストラ候補は以下の通り。

★黒の薄手Aラインコート
可愛すぎるデザイン(丸襟)で何年も前に間に合わせで買った。間に合わせのくせに着倒し過ぎと言う、いい加減買い替え候補から拾い上げてやらねばの服。
★黒の薄手ボレロ
可愛すぎるデザイン(以下略)
★ラメ入りグレーニット
気に入ってるんです。気に入ってるんですけど、ニット自体が重くて肩が段々落ちてきた…。型崩れに負けた感じ。
まぁ3シーズンくらいは着たからもう休ませてやれと。
★山吹色の薄手カーディガン
軽くて薄くてその意味では最高に気に入っている持ち運び体温調整用のものなのですが、色味が鮮やか過ぎて手持ち服にことごとく浮く。同じデザインで色違いが欲しいのですが、これ、どこの店で買ったんだろう。(そしてもう同じものなど置いていない。)
★グレーの薄手タートル
秋冬定番なんですが、ゆったりを狙いすぎて男物。ボタンの合わせがないとは言え、やっぱりシルエットが違うのね。
男物は直線断ちで、肩幅や胸に合わせて買うと、胴回りがズルズルのもっさい感じに。
インナーとしてなら着れてたんですが、毛羽立ち&毛玉。もうそろそろ替えてやれ。
★黒と白のピンストライプシャツ
実はこれ、紺と白のピンストライプシャツを全く同じ型で持っており。(何故だ)
いや、いろいろ重宝するもんで色違いで買い足したのですが、帰ってきてみると同じ服なのに何故かタグが違ったと言う。??
確かにパターンも生地も完璧に同じ作りとサイズなんですが、ボタンもやたら固い。…縫製工場変えたのか?(;^ω^)
そして並べてみるとほとんど色に違いが見えなくて、これは同じシャツ着ているなと思われるレベルのもの。
ちょっと違うタイプの物を用意していた方が良さそう。
★黒のジャケット
仕事用なのですが、普段そんな気張ったシーンもないため、夏用とそれ以外シーズンのジャケットが一枚あれば事足りたりします。
で、3枚あった内の1枚がバリバリ事務用、2枚がきちっとした用として職場のロッカーに突っ込んであるんですが、バリバリ事務用がヘタれ、きちっと用の1枚はサイズ感が微妙。
ここら辺はもうゆるく統合して1枚新調しておくかと言う気分。
★黒×ピンクのラッシュガード
春夏秋と散歩のお供。冬は寒くて無理だけど、歩くと汗を掻くので薄手で乾燥の早いラッシュガードは運動に最適なのでした。
で、お試し的導入だったのですが気に入ってしまい、ただ何故か擦れ部分を発見。気のせいじゃないくらいに擦れてきた。
…変な位置なんですが、何かしら当たってるんだろうね?大人しく買い替え。

 上記、以前から不満があったので、素早く買い替えしました。
☆ベージュのトレンチコート
やっぱり落ち着くトレンチコート。以前のトレンチはロングだったのですが、今度はミドルで。
キャメルや紺とも悩んだのですが、好きな形だとラインナップがベージュだったので、この色に。
最初は欲張ってライナー付きを探していたのですが、考えてみれば中に重ね着すれば同じ事かとあっさりライナー無しを買っちゃいました。
☆紺の薄手ボレロ
ボレロ自体どうしても可愛いデザインですけどね。
でも羽織らないと二の腕とか気になっちゃうじゃない?シンプルな形のものを選択。
☆紺のVネックニット
今度の物は重くない。型崩れと言う意味ではよれる方かもだけど、まぁこんなもんで。欲を言えば以前と同じラメグレーを探したのですが、形や素材で選ぶとこれになった。
☆ベージュのカーディガン
以前の物はロング丈でしたが、重ね着やそのまま着れると考えて、ショート丈のシンプルな形のものを。
そう、ロングだとニット風に着れないからね。
お店でジャストサイズを選んでもらったのですが、本当にもうひとつ上のサイズでなくていいのか、ビクビクものです。
ゆるサイズはダメと分かった今でもなかなか客観視出来ません。
☆薄いセピアの薄手タートル
色の形容が難しい。たぶんグレーの範囲だと思うけど、前のが青系グレー、今回のが茶系グレー。
肌馴染はやたらに良いです。
ちゃんと女物、フィットします。
☆シルバーグレーのシャツ
今までが綿シャツばかりだったので、ここらで一枚はてろんとしたブラウスシャツが欲しかった。
色味はあった方がよかったのだけど、ミントの綿か、シルバーグレーのレーヨン混かで悩み、やはり素材勝ち。ぐっと大人っぽく着れます。白シャツの代わりにならんでもない薄い色で、透けそうなのもギリギリだけど、良いのが見つかった。
☆黒ジャケット
…灰色が欲しかったが、気に入った型の同シリーズ、何故か灰色だけが質感が違ってやたら毛羽立っている。起毛?なんで灰色だけ??
これでは夏以外のオールシーズン向けではないと、大人しく黒を。
紺もさんざん悩んだんですが、紺ジャケの学生感はなんなんだろう。黒の葬式感もあれだが。
まぁ、シンプルなやつを買ったので合格点。
☆薄紫のラッシュガード
大人しい色が良かったのですが、黒は夏に暑過ぎるので他の色を―ってこんな色に。
前より可愛いデザインだし、ちょい小さめサイズなのですが、まぁ丈を考えたり、変にロゴ入ってるのも好きじゃないんでシンプルさを決め手に購入。どうせこれも着倒す事になろう。

 ―よし、ほぼ黒を買わず、なるべくベース色で買い替えたぞ。
若干だけ、タンスの中の明度が上がりました。色彩はありませんが。

 一応タンス内は60着の定数のままですが、一割以上を買い替えたと思うと相当がんばった!これがちゃんと改善に繋がり、回していけるか実験して行きたいと思います。
まだ数着、ボロくなってきたものがあるにはあるのですが、ここら辺は今シーズンで着倒して、本当に必要ならまた来シーズンで買えばいいかなぁ、と。
  最近ようやく解ってきたのですが、シーズン終わりのバーゲンで買ったものを、春秋は気候的にどちらも着れるからとシーズンの違うものと一緒に着てたら、全然そのシーズン向けの色味じゃなくて浮くって事もあるのね。(今更)
春の黄色と秋の黄色は違うとか、そういう事。同系色の組み合わせは簡単だけど、明度彩度に注意せねば。
そう考えると最初から持ち服の色味を絞るのは有効な手だよなぁ…。(地味万歳フラグ。)
 春秋服を限定で分けると問題はないのですが、『兼ねる服』『オールシーズン』の旨みは死蔵服を増やさないためにも外せません。
色は解りやすい様でまだまだ落とし穴が多いようなので、慣れてから差し色を考えた方が良さそうです。
さすがに素材感とかの違いは間違える以前に暑い寒いがあるから解るんだけども。(夏ニットと言うものに馴染むまで時間がかかった人間ですがね。)
 シーズン終わりのバーゲンは、確かに安いが買っていいのは定番か見えない下着類だけが良さそう。
それ以外の物はよほどコーディネートに自信があるレベルになってからでないと、失敗する率が高い。来シーズンまで置いておくとなると流行りも変わるし自分の気も変わる。安さの恩恵を受けられるのはファッション千里眼の持ち主だけだ。
 初心者は大人しく、その都度最新の状態で服を考え購入する方が、結局のところは無駄がないみたい。タンスも圧迫しないしね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック