元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
大人の女の「エレガンス」磨き

 なんかねぇ、この人凄いなって。
エレガントでかつリッチ、ゴージャス、本当に美しく歳を重ねてるって感じで、無理もしてない。
自分の『好み』を承知の上で、その上で押しつけがましくない大人服の提案がされていて、納得出来てしまう。
自分の考えが唯一無二って感じじゃないのね。
 質の良いブランド物は数ありますが、そんな中にもいきなりプチプラの安いもの(本当に数百円とか数千円)もぶちこんできて、安っぽく見られなきゃいいとか、自信があるからこそ言えるものだし。
そして身に着けていて「もっと高価なものかと思った!」と思わせたら勝ちとか、心の底から上質=高価・ブランドみたいに思ってなくてお高くないのが良い。

 「服に一生ものはない」って言うのも、よく言ってくれたと言うか。普通の人が言っても説得力ないけど、こういう人が言ってくれたら心強いわ。
そうなの、格を求めて無理してお高い服を買っても、好みは変わるし、多少の形違いで流行も変わる。いくら大事に着ても傷みもくる。自身の体型の変化だって。
なのに大概の本は上質の定番を抑えていれば一生ものだから買っておかなきゃ!―ともう何も変わらない前提でしか話が進みません。
 良くも悪くも服ってある程度の期間で割り切るものだと思います。
元を取ると言う考え方も賛否両論あるけれど、その時に服から得られる幸福と費用対効果は、現実の所秤に掛けなきゃスタイルブックなんて理想論でしかなくなりますよねぇ…。
 印象に残ったのはシャツの話で、若い頃と大人と、選び方の違いが書いてあり、すごく勉強になりました。

 万人が似合う世界ではありませんが、この人の美学と実践が素敵に思えた本。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック