元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
働く女性のスタイルアップ・レッスン

 すごく細かく服についての見え方を図解してくれています。ベルトの位置で、模様の入り方で、視覚の効果って凄いな、と。
ここが気になる人はこう着て、と言うポイント別OKとNGの服、着こなし方法も書いてあり、全部覚えたらかなり役立つな、と。
まぁ体型のお悩み混合型の人間には混乱をきたすポイントでもあるのですが…。
 「明日着ていく服に悩まない」と言う部分についてはさて、手持ち服でどうにかなるとかはないので、あくまでもこの本に沿ったアイテムを揃えた上での話になるな…と言う感じ。
 最初に『通年20数点もアイテムがあれば着こなせる』とあったので「お」、と思ったのですが、実際は具体例が薄く、どうもしっくりこないまま印象に残らず読了。
いやだから、例えば「白いシャツ」と言ってもどんなシャツなのか個人差があり、それは自分で試着して見つけるしかないような結論で、なかなかハウトゥ本としては使えないなぁ、と。
(似合う似合わないが解らないから、この手の本を頼るわけで。)全タイプに広く浅くアドバイスと言う感じかな。
 後は表紙。傷んだ髪を長髪でだらりとして働くと言うのもないので、ちょっと『働く』と言うタイトル本の写真としてはどうかと思いました。ファッショナブルにも思えなかったので、なんでまたこの写真を選んだのかと、蛇足で思う。

 服その物自体ではなく、やはり働くと言う立場付けをされると個人と言う主張よりも『場』を大切にしろという暗黙の了解があるのでしょうか、ファッションと言えども協調性の大切さや集団の中でふさわしい格好と言う考え方の方が心に残りました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック