元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
不変の定義④素材
 綿100がイマイチだと思ってる口です。
平織りと言うのか、あのふつーの織りのやつはきてもなんだかのっぺりとしてしまってダメ。
透けるのを避けるためちょっと分厚いのにすると重いしさ。
皺になりやすい、埃が付きやすいってのも×。
シャツをINしようもんならウェストがもさもさするし、出しても入れなきゃいけない様な形のシャツが多くて…。
 ブラウスとしてなら化繊混じったやつが皺になりにくく、柔らかくて好きだな。
レーヨン多めのてろてろはまたダメだけど…。
 同じ理由でシルクも苦手。
あれ、肌触りは良いとは言いますが、爪ですぐに引っかかるしね。
シャツとしての形が保ちにくいのも辛い。
 シャツなら一枚で決まるざっくりの麻風、鹿子などの凹凸が表面にあるものが良い。
のっぺりさを散らせるんだよね。
 これがブラウスでなくタンクトップだのになると薄手でさえあって逆にギャザーや皺のニュアンスがあった方がよくなるんですが。
 まぁジャケットを着れば解らなくなるんですけど、腕の曲げ、屈んだ時の背中の張り出しをカバー出来る伸びやストレッチがないとトップスは何でもダメだわ。
 ジャケットだと限りなくフラットに仕上げたジャージ素材は楽でいいな。
ジャケットは平織りすぎても、凹凸が多すぎても生地的には好きじゃない。
伸びない生地が多いから肩、腕きついんだよね。
上背で合わせると胴回りガバガバだし…。
 夏用だとやっぱり麻風が好きです。シャリ感がいい。
ニットもざっくりさらっとしてるのが良い。
セーターとなるとアンゴラの薄手のが好き。
ウール系は分厚くなって着るとものすごい容量になるので避けたい所。
 ボトムスはどんな織りでも大体平気。
ただレース素材はもうやめたな。
シフォン系もダメ。透けるものは基本的に買わない。
 上下関係なくレザーは止めました。
重いのと着る機会が限られるし、ライダースも華奢には着れん。
 スウェットは何着ても家着感漂うので、着こなせません…。

 意外と自分は、服の要素要素についてはちゃんと好みと、それなりの合う合わないを把握してるんだなと思いました。
あれか…やっぱりすべては着こなしの時に全体としてバランスが悪いんだな。
ひしひしと感じてきたぞ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック