元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
不変の定義②色
 次にタンスの中で一番見た目に分かりやすい問題。色。
(未だにワードロープとかクローゼットって言いにくい。)
 自分は色に関しては肌色の判定も、占いも、自分の好みもすべて一致していると言う、色に関しては非常に悩みが少ないタイプの人間です。
 まずは万人にいけるはずの黒と白の問題。

 昔から黒ばっかりで、今も黒。
これはダメパターンと素人でも分かります。本当に黒が似合う人は居るとしてもな。
 ただ、『大人の黒』とも言えば、『若いが故に黒(大人は紺にしろ)』とか諸説いろいろで、たしかに最近黒だときつすぎるとか、全体が馴染まないとかちょっと難しいシーンも出てきました。
 あと白。
似合いません。(はい終わったー。)
コントラスト付けるなら灰色が関の山か。
 膨張色と言うだけでなく、透ける、肌色のくすみが強く出る、時としてきつすぎるコントラストにもなると言う、基本色だけでこんなに難しいのかと思うくらいの手強さ。

 まぁタンスの中は黒基本です。紺も濃紺主流。
そんな中で差し色。
 アースカラー、オータムカラーが相性が良いのですが、これも昔と比べるとちょっとずつ変わってきました。
ブラウンが何故かダメになっている。
すごい地味。
ベージュも地味。スモーキーさを取りたいならグレーに持ち込むしかない。
サーモンピンクの方がまだなじむ。オレンジ系はピンク寄りの方が確かに好き。
カーキは小物やボトムスだと良いんだけど、上に持ってくるとやっぱり顔がくすむ。ワンピースなら問題ない。
かと言ってグリーンは千差万別。黄緑はダメだがターゴイズが混じってくるとまた印象が違う。
ワインレッドは軒並み良いが発色が良い方が馴染む。
マスタードも意外と発色良い方が馴染んで、暗いとやっぱりくすむ。オレンジの混じった山吹色寄りの方が合ってきたり。

 うーん、今自然とタンスの差し色で多いのが黄色になってます。…オータムカラーよりは若干明るい目なんですが、まぁオータムを混ぜた時に合わせやすいんでしょうね。
 次に紫、ライラック、ワインレッド、ちょっとだけカーキ。
これ、組み合わせる時気を付けないと黒×黄、紫×黄って強コントラストなんだよね。
紺×黄も好きだしさ、小物もビビットカラーが多いし、地味な服が多いのに色彩感覚は昔からサイケだった…。(レトロなサイケ柄の服、妙にしっくりきたもんだ。昭和の匂い。(笑))

 自分には赤、鮮やかな青、水色、黄緑、青みのピンク、白が壊滅的に合いません。

 …これだけ解ってればまぁ色の問題は折り合いが付けられそう。
 問題は差し色を絞って、服を厳選するところだけど、さて山吹色かワインカラーが今の気分だけど、それなら黒より濃紺の割合を高めたいなぁ…。
 全部の買い替えは無理だから、今後の調整か。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック