元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
服の数を増やせばバリエーションは広がるか、否
 さて、思い切って飛び込んだ禁断の地、タンス整理。
最初はとにかく減らす事、とそれ相応の結果を出せた。続いて図に描いたり、ハンガー定数計画してみたり―。
 私の整理の仕方は無駄な時間が多いけど、一気に最大量減らして一回りで完成系に持ち込むのではなく、少しずつの量で周回を重ねて、ちょっとずつ完成させていく方法のようで。

 で、まずはひとつ。
服の数が増えようが減ろうが変わらなかった事のご報告。

着ていく服がない。(笑)

いや、あるけどない。
 これ、服が山のようにあった時でも同じで、逆に言えば服が多かろうが

センスのないやつは着回しなんて出来ない

と言う事。
 その場しのぎで服を増やして問題解決を図り、タンスの中身を圧迫し続けるなんて悪手でした。
しょせん自分程度がそのセンスで買い足した服も他のシーンにはほぼ役に立たない事請け合い。
いや、むしろ次の時には余計な服が増えていてますます選択に悩む事になる。
 そしてまた着る服がなくなる。
どこまで行っても同じ事を繰り返しているのです。

 そこから見えてくる問題点。
『自分の気に入った格好が十分数に出来ていない』。
人は知らず知らずの内につい自分の好きな格好ばかりを選んでいるものです。
それは似合ってると言うだけでなく、馴染んでいる、楽、なんでも構いません。
 が、気に入った格好のバリエーションが少ないから、同じ格好を他人の視線上何度も繰り返せなくて、定期的に(着たい)服がない日がやってくる。
 ではバリエーションを増やせばいいのか?
それもひとつの解決法ですが、そうそう自分の気に入った格好を思いついたり見つけたり出来るわけでもなく、簡単に服も増やしたくない。
これについてはちょっと視点を変えた解決方法が本やネットで散見しておりました。

『着た切り雀でもいいじゃない』。

 …え?そっち?そっちを変えるの?まぁそうなりがちだけど、肯定してくれるの?
 まず自分が肯定しないとですが、毎日気に入った格好しなさいと言うのはすごく良い考えなんですが、バリエーションを作ろうとすると服は増えるし新しいスタイルを探すのも大変。
所がこの論法で行くと、似合うスタイルの繰り返しでもいいわけで、それならなんとかなりそうで―。

むしろこれを自分のスタイルと言い張るメンタルを推奨されます。

 あー、これを飲み込めたら相当楽だな、着た切り雀でも。
スタイルもセンスも悪いと、自分の納得のいく格好なんて、そう種類ないもんな。
 さすがに洗濯的な意味と、シンプルな物しか揃えていないTPO仕事着だけは、許容範囲が大きい(=意識が低い)ので着ていく服がないという事はありませんが、その他の服は、そのシーズンで一番好きな格好を何回するのでもいいかと思えてきました。
女を捨ててる?いや、ちょっと違う。
 この論を唱える人はそこも耳触りのよい言葉を用意してくれていて、

『バリエーションのために似合いもしないオシャレを無理やりするより、常に似合ったスタイルでいる人の方がオシャレ』

、だそうです。
―いろいろあるな、ファッション論も。

 じゃあ、基本姿勢はこれで行くとして、さらに焼け石に水程度に、お気に入りのバリエーションを増やすのにも挑戦してみようよ。
前に進め。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック