元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
引き続き靴のメンテ
 私の好きな散歩道は、高い確率で里山。はい、トレイル気味です。
軽いハイキング程度は余裕でこなせる事が私の散歩靴の条件なのですが、今までは登山用靴とトレラン用靴、二つを履き分けていました。
 ですが最近はトレイル系の靴も充実してきた。
昔の様に登山と散歩と言うカテゴリーの違う専門靴を二足持たなくても、トレイルと言うカテゴリーでドンピシャの靴をそろそろ見つけられるんじゃない?計画発動してもいい頃。
 いや、まぁ専門的な靴はあるに越した事がないんだけど、もう確実に本気登山はないし、たまーの軽登山も本格的な登山靴までは要らんと思うレベルしか登らない。
 なにせ登山靴はガードが固く足首の柔軟さに欠けるので、頑丈なのはいいが足元のバランスが悪い私には別の意味で怪我しそうな具合なのね。
トレラン系だと柔軟さがあって足首のホールド性がないので石とか挫く怪我には弱いが、まぁ他の怪我は回避しやすい。
防御か、回避か、どっちを取るかと言うイメージです。

 そんな私の理想は、散歩靴なんだけど、頑丈。こういうのが出ないかなぁと思ってた。
思い起こせば普通のスニーカーから始まって段々と運動靴、ランニング用、ウォーキング用ときて、ようやくトレラン用にまで。どんどんと専門性を絞って機能性を上げてきた私の散歩靴。
 一年前の夏、トレイル用と銘打った靴を初めて買ったのは記憶に新しいのですが、あの靴、そこそこ履き倒したせいで若干ボロいのよね。(ぇ)
 あんな頑丈な靴がそうそうダメになるわけでもなのですが、とりあえず最初のお試し的に買った靴で、長所と短所をよく知る事が出来た一足でした。
 その前の靴がものすごいボロボロになるまで履いていたので、あそこまで行く前に新調しても良い気がするのです。
靴に関しては見た目の綺麗さよりも靴底とか中敷きの消耗を見極めないといけないと解ったからね。歩く靴は特に。
 グリップのゴムが一部薄れてきて次の層のゴムの色が透けてきた。アッパーの擦れは多少。
ジャストサイズを買ったので、冬に厚めの靴下を履くとちょっと余裕がないところがあった。逆に夏はベロ部分がどうしようもなく暑い…けどこれはあくまでもトレイル用の靴だからどうしようもないけどね。メッシュ靴とかありえないわけだし。

 そして登山靴の方はそれこそ頻度は高くないけど、靴自体は今や下駄箱の中で二番手の古株に。登山靴なんて頻繁に買い替えるもんでもないからそりゃ残るよね。
…累計で履き倒してる割には綺麗です。さすが頑丈過ぎる。ただし、そろそろ経年劣化が心配。
 調べてみると登山靴は3~5年で劣化がヤバいらしい。
ああ、うん、越えてるね。(;´Д`)
まぁチェック結果は全然大丈夫だけど、いつ崩壊が来てもおかしくない年数という事だ。
 登山中の経年劣化が一番怖いので、『傷んでなくても登山靴は5年経ったら捨てろ』のお言葉に背中を押されて今回一緒の処分を決めました。
 ちなみに、この靴、登山だけじゃなく雪が降った時に大活躍するんですよ。
長靴よりもバランスよく歩け、防寒も出来、完璧な防水で歩ける。重いのさえ気にしなければ完璧なお助け靴です。
ゴアテックス万歳。

 で、上記の点を踏まえ、そうだ、ゴアテックス使ったウォーキングシューズってんなら、両方兼ねられるんじゃね?となりました。
あとはトレイルが行けるかはソールのグリップだけの問題。
 ゴアテックスを使用すると高位モデルになるのかいきなり値段が跳ね上がりますが、軽登山靴も兼ねると思えばこれは安い内。
ベロが暑いのもゴアテックスなら『多少は』蒸れないはずだし、若干重いのには目をつむる。
軽すぎるとソールが薄い事が多くて、足裏の衝撃凄いし。
 外からの防水と防御力、足首フリー感を買い、デザイン的には選ぶ余地が少なかったんだけど、足元、特に山だの歩きだののツールは実用重視でなければと、これかなと言うモデルを選択。固い靴となるからサイズもジャストサイズから一つ上げて、冬靴下問題も回避。夏の間は紐で締めればよし。
 あと前回のトレイルシューズは紐が全然なってなかったので、そこら辺も気を付けた。

 よし、これで散歩靴と登山靴がMIXされて、トレイル靴としての一足所持になりました。
やっぱり新しい靴はグリップ力があって安心するな。歩く靴だけはハードに使用しても、頻繁に買い替えても、惜しい気がしないわ。
 あとは靴擦れとか慣らし履きの問題なので、しばらく歩いて確かめてみる。
本当、靴に関してはマメになったわぁ…。オシャレ度が低かろうが、実用重視上等。足の健康第一。
メンテも必須です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック