元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
えどさがし

  しゃばけ…の外伝?
成程、時間を超えての各キャラ主人公話だね。
 
 佐助が好きなんですが、最初は佐助の過去話。
『五百年の判じ絵』。
何故子守する事になったのかの件。
いやぁ、私ならキツネAもキツネBもこの厚かましさに速攻追い払うね。
佐助は暇だし気まぐれとは言え、人が好すぎる。
この世は皆、天衣無縫のおキツネお祖母様の一人舞台じゃないのかしらと思えるくらいに事を進めてくれます。
判じ絵の謎解きは面白かったし、佐助の承知ぶりも和んだけど、主役が喰われたみたいに感じてしまった。
もう少し佐助が単独で目立つ話が良かったな。過去話なのは良かったんだけど。
 『太郎君、東へ』。
発音が違うとおかしな感じ。
ネネコ親分のお話で、ちょっと珍しかったが、面白かったのが昔話の様に何故川が東へ流れるようになったのか、等逸話の様なお話に、しゃばけのノリでなく読んだ。
川自体を人格としてのキャラかぁ。
これは東へ逃げるわな。
楽しい。
 『たちまちづき』。
妖怪退治の高僧だが、お金は公言して集める寛朝のお話。この人、実を取るタイプで正直だし、駆け引きしつつも真のところで外さないから好きだわ。
妖怪に憑りつかれているからなんとかしろと言われても、妖怪なんぞどこにも見えない依頼主に、どういう解決策を与えるかと言うと―。
まぁ自己解決みたいなもんだけど、気弱な旦那と強気な嫁と言う力関係が逆転するのが心地よい。
 『親分のおかみさん』
病弱なおかみさんだけど、こういう風に強くなるのは良いね。親分さんが本当に愛妻家でほっとする。
子供の成長も楽しみです。
 『えどさがし』は『明治・妖(あやかし)モダン』とのコラボと言うか、繋がりある明治の地で。
ははぁ、妖怪繋がりか。
こう言うの、ファンにとって嬉しいだろうねぇ。
江戸物なのに明治舞台とか、まだまだ明治の空気は怪しさいっぱいだし。
その設定といい、ネタ自体はちょっとファンが書いた二次創作じみた、若旦那が死んで、生まれ変わりを待つ妖怪たちと言うテーマなんだけど、ちょっとそこだけがこそばゆかったなぁ。
でも仁吉視点だから、儚さが漂っていて胸が苦しくなる物語でもある。あんなに強い人なのに、いつもどこか寂しさが付きまとうんだよな、この人。
明治の服装もお似合いでした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック