元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
分析してみる服の傾向
 ある程度服を捨てたけど、死蔵品がなくなり、これで効率は良くなったのだろうか?
はっきり言ってバリエーションがなくなっただけで終るのならば、収納問題は解決するけど、根本的なお洋服の問題を解決した事にはならない。
『服の回転率を上げ、無駄なく、より多くのバリエーションを生み出せる。
だからこそ数が少なくてもいける』
これがあってこそのスリムクローゼットだろう。
 服の整理整頓ってただ数を減らすだけじゃ焼け石に水で、やっぱりこの数じゃ無理となりがち。上記を見据えて挑まなければいけないから難しいんだ。敬遠しがちになるんだ。
 今までの様に明らかに捨てていい服の基本項目だけじゃ、これ以上の整理は望めない。
一見矛盾しているようですが、総合的に減らすなら、逆に目的を叶えるための服を買うって言うのすら視野に入ってくると思います。 
 例えば『そのシーンにしか使えない服』を捨てて、『2つのシーンに使える服』を買う。
こういう見極めが要る。
 ここら辺をどうすれば把握出来るんだ、センスもないのにどうしようもないじゃないか、単純に捨てられるこのレベルまでが私の服の整理の限界か―?と考えた時、ふと思い立って下の様な図を描いてみました。

hukuhuku.gif

久々の画像がこれかよ。(笑)

 今ひとまずタンスに入っている服の数は68着。+αは避難袋の話なのでちょっと避けてます。あとここからどう入れ替えようか悩んでいる途中の12着が外吊り。
 文字で書き出しても、タンスを眺めていても漠然としていて見えてこない、大事な部分はこの円の重なり。
被っている部分は共用で、カッコ内数字は述べ数となるので、これが着回しに使える数となる。
若干図的におかしいとこもあるけどまぁ自分で把握するのにこの書き出しは有効でしたね。

 この述べ数、生活に当てはめると週の内5日は仕事。2日が休日、家着は毎日とは言え数時間、運動は月に2回程度。残りはその他と、こういう割合の数になるべきだと言うのに…なんだ、この結果。
まるでバランスがなってない。
 パッと見
★家着の上が多い。下が少ない。そもそも多い。
★運動着も多い。
★その他のコート類の被り。
こんな印象だな。

 総数については仕事場が制服無しとなるとどうしたって仕事関係は削れないので、いきなり服が少ない人並を目指す事は出来無い。現80着だとどうせすぐに膨らんじゃうから、『目標』を60着としていくのが妥当そう。 この数、平均以下ではあるけどミニマリストには程遠いし、普通の人でも少ない人はもっと劇的に少ない。
 それに80着を世の中のスリムクローゼットラインだと仮定するならば、オシャレでもない自分は60着もあれば十分のはず。
まぁセンスがない故間に合わせ服がたくさん要るんだと言う説もありますが、種類がありすぎても迷走するだけだろうしさ。
一通り減らしてみました、からが本当の戦い?

 目標はあくまで目標。無理やり減らそうと言うのではない程度の進め方をしていこうと思ってはいるんですが、上の図で方針がグッと立てやすくなったから、あともう少しは実際に詰められる気がする。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック