元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
物置やってやる
 私が堰を切ったように物を捨て出すと、一応家人も慣れてきたのか諦めがついたのか、物置の中の物を共に整理する機会が訪れた。
誘導だ、誘導。
一番の大物の巨大スーツケースの開け方を聞くために物置に誘い出す。このまま一緒に捨て祭りに参加させるんだぜ。(笑)

 このスーツケース。
家人がただ一度の数週間の海外旅行のために購入した物。
んで、私は開け方を知らない。
でもなんか中でカサカサ音がするんだ。

…これ絶対中に何か置き去りにされてるだろ…。

 で、開けてくれと迫るのですが、鍵をどこに置いたか忘れてらっしゃる。
中に入っていると言うのだが、ならどうやってこれを開けるんだ?
 結局家人は開け方を忘れており、私が四苦八苦して開け方を見つけました。
…知能テストされている猿の様な気分。
 中に何もないと自信満々だが、やっぱりあった。
怖いわー、飛行機の搭乗券の控えや旅行の書類、パンフ類。もしこのまま捨ててたら個人情報だだ漏れじゃないっすかー。
外へ放り出す。
 で、中がガラ空きですから、物置の中の物を入れようよと提案して、問答無用に物置から物を全部出して家人に捨てていいものか聞いていく。
この総当たり戦が効率いいわ。

 あったもの。
大量の靴箱。(空)
大量の洗剤類の箱。(空)
大量の針金ハンガー。
大量の家具をばらした後の板材。
衣類が詰まった袋4つ。
壊れたゴミ箱。
何かよくわからないプラスティック製品の数々。
 …うん、確実に使っていると解るものはここに挙げていません。
突っ込みたいものが上記の物なんです。
ねぇ、この洗剤類の空箱、何?なんで数十個あって、それが潰れてない状態で詰まってますのん??

応募券のためらしい。

応募券切り取って箱は捨てろよ?!!(ノ ゜Д゜)ノ = ┻┻
 さすがに突っ込んだ。
「もう私が切り取るからっ」とちまちま切り出して家人に渡す。
 靴箱も使おうとしているらしいが数年このままだろう、捨てる。
この空箱がなくなっただけで一気に物置にスペースが。
 おおお…これ、もしかして前後二段にぐっちゃぐちゃに積まれている物置、見やすいように一段だけに出来るんじゃね?
張り切って捨てていきます。
 衣服なんてまたしても「誰かに譲る」ために置いてあるものらしいんですが、今時古い形の服をお下がりでもらって喜ぶ人間も少ないですよ。昔と違うんだ…。
捨てさせる。
 針金ハンガーは元より、この家具の板材、私が数年前にバラして捨てた家具じゃねーか。なんで取ってあるんだ。マジに捨ててくれ、いや、マジに。
2枚残して捨てさせる。(まだ残すのかよ…。)
 ゴミ箱はそりゃ捨てる。謎の物体類も使ってなかったって事は要らないもの、捨てる。

 で、工具類も私が管理しているものと別の物が発掘され、どうなってるんだと。
年季入りすぎで、トンカチなんて金は錆び、木は朽ちかけ。…その手の物が朽ちるって凄い年数経ってない??
トンカチは3つでしたが、プライヤーも3つあるし、ノコギリも3つ。圧着工具まで出てきて、使い方すらわからんわ。他、彫刻刀やネジ回し。
 トンカチとネジ回しを一つだけ残して、後は錆びまくりだし全捨て。
後で工具類全部、磨かないとな…。

 さて、これで改めて物置の中は下段に家人の蔵書類。(読書家なのでみっちり本の詰まった大きな箱が4つ仕舞いこんである。)
上に結局中に何も入れなかったスーツケース類と今使用しているいろいろ全部が収まる。
…あああ、前後二段でギュウギュウしてた物置が一段収納に収まりました。
これで前のスペースに、掃除機仕舞えるじゃない?(*ノωノ)
(うん、そうね、掃除機ね、常に出しっぱだったの。)
やり切ったわぁ♪

 ―その後延々と分別ゴミ捨てに精を出しました。ゴミの日前夜で良かった…。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック