元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
バウンダーズ この世で最も邪悪なゲーム

 この副題がたまらなくそそります。
七人の魔法使い』に引き続き、ハウルの人の本。
 最初いきなり知らない世界に放り込まれて絶望としか思えないスタートなんですが、とりあえず自分がゲームをするというより、高次元の種族らしきプレーヤー達のゲームに巻き込まれ、コマやカードの役割が主人公と言うのが面白い設定だな、と。
実際はそれよりも悪くて、捨てカード扱いなんですがね。
 ルールすら知らされない中で半永遠的な寿命とゲーム内不死らしい状況で、いろいろな事を主人公は経験則で覚えていきます。
誰にも殺されないらしいとか、何かしらのターンが終わるごとに次の世界(フィールド)に飛ばされるらしいとか。
 便利なようでいて地獄なのは、この死ねない&積み重ねてもまたすぐに別世界に飛ばされる点。
最悪な世界なら終わりがあるからいいやと思えますけど、いい世界だとねぇ。
まぁ主人公の目的は自分の生まれた世界へ戻る事なんですけど。
(そこに行き付ければゲームから脱する事が出来る様子。)
 主人公は13歳の姿にして、世界を100以上経験しており、もう精神年齢は大人なのですが、特殊な人生だし、同じ様にこのゲーム内をうろついているバウンダー(皆巻き込まれて自分の故郷を目指している、通りがかりの一時的な仲間)達との関係性を見ていると子供のケンカっぽいのが多い。
まぁ元々が生まれた世界も違うし、無理やりゲームに巻き込まれてるし、そりゃいざこざが絶えない状況ですが。
 それに世界がいちいち変わるたびに今まで覚えていたその世界なりのルールも覚えなおしだしね。言葉すら。
嫌すぎるハードモードです。
 老若男女、バウンダーには居るのですが、主人公と縁あって一緒に行動しているは同じ年程度の少年と少女。中身が結構いってるのはむしろ主人公だけじゃないかと。
 特殊な力を持つ少女と、悪魔祓い(見習い)の少年。
相変わらずこの人のお話は展開が全く読めなくて、プレイヤーたちへの復讐や故郷へ帰り着く事以前に、各世界で起こるトラブルが常識のじょの字もないからね。
段々この作者さんの作品カラーが把握出来てきたわ。
 いろんな世界でのキャラが増えてきてから物語は動き出す感じなんだけど、読者が馴染のある現実に近い世界の少年が、話を聞いただけでこのゲームのルールを推測出来るたが離れ業過ぎた。
 あとキーパーソンとなる人物と、本当に奇跡的に遭うなぁと。
 勿論物語なんでそれくらい当たり前なんですけど、実際はこんな風にプレイヤーらは上手い事確率や意図的なゲーム展開をして、主人公らを動かしているというのに、よく反乱出来るもんです。だって最終的にはコマがプレイヤーに一矢報いるどころか復讐を果たすんですもん。
この勝つ条件がまた困難どころか難解で…。
最終章一歩手前はもう本当に心打ち砕かれる。
一瞬BADENDものだと思ったもの。
 しかしこの作者さんって、物語の芯の部分が物凄くややこしいお話ばかりなのね。
とてもスッとは頭に入ってこない。
あと、決してキレイキレイしたハッピーエンドじゃない。
 主人公ばかりか、各キャラのそれぞれもなかなかに胆が据わっているというか、普通じゃない人生、そして決着なんですが、何せ主人公がえらい結末を迎えたもんで、もう今までの読書分の感情が一気に持っていかれる。
この救いの無さは一体…。
 狂気ENDすら有り得て、この展開、本気で怖かったよ。
 こう言うテイストでこの人の作品は何故子供向けとなっているのやら。一般書でいいくらいだと思いました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック