元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
湯シャンに似て非なる閑話休題
 湯シャンよりも以前から、手の乾燥のために洗剤を極力使わない様にしていた洗顔。
と言っても毎日風呂の時だけは洗顔料、どうしたって使うから、量だけを極限まで減らして行っていた。
最上の状態とは、汚れでちょうど洗顔料の泡が消え、泡立たなくなるぴったりの量である。
 そうこうしている内に、特に意識せず入浴後に化粧水を付ける事も減っていく。(肌が突っ張らなくなったので、速攻化粧水をはたく必要がなくなり、次第に付けるのを忘れて行く。)
 勿論それ以前にクリームが必要なくなり、美容液、乳液と必要を感じなくなって行ったわけですが、先日、鏡台の奥から使わなくなって久しい『角栓取り鼻パック』を見つけました。
 これ、あんまり肌に良くないと知りつつも、あの爽快に角栓が取れるのが楽しくて、一時期頻繁にやっていたものです。
洗顔が緩くなった上、以前の使用からめちゃくちゃ期間が開いているんだからさぞかし大物が取れるだろう、とワクワクして使用してみました。
結果―

ぇ?ほとんど角栓が…ない???

―(´・ω・‘) …つ、つまらねぇ。
あれだけわっさりだった角栓畑、どこに消えた?!
 これももしかして、湯シャンの原理と同じなんですかね。皮脂を落とし過ぎないから過剰分泌が無くなって、角栓が育たなくなった。
 まぁ元々見ても産毛なのかよくわからん、指で押したら出てくるとか、そんなレベルではなかったので、角栓取りの棒なんかは使う事が出来ないタイプではありました。
それでもさすがに鼻パックだと良く取れて変に爽快な気分になったものです。
 元が少なくてもわかるくらいにさらに減ってるんで、これはやっぱり変化なんだな、と。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック