元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
匂い
 自分の五感の内、敏感なのは味覚だと思う。
辛い物食べないしタバコ吸わないし、まだマシなはず。
視覚は全然弱くて、聴覚は人並より少し劣る位か。変な波長の音はよく聞こえても人の声が聞き取りにくかったりあるしな。(苦笑)
 そして嗅覚。
これがよくわからん。
誰も気づかない様な匂いに気づいたり、その逆で皆が解る物が解らなかったり。
特に残り香り系はダメ。
焼き肉やタバコが服や髪に移るってどういう事?
自分のニンニク臭も微妙。
かと思えば香料に軒並み過敏だったり。

 こんなお粗末な能力で判断して悪いが、湯シャンの匂い、本当に大丈夫なんだろうか。
とりあえず今日まで、脂がー、脂がーと言っているが、匂いに関しては一度も感じた事がない。
…大丈夫か、自分?
 しかしこれを人にチェックしてもらっても気遣いと言う慎ましさが日本人にはあってだなぁ―。

 さて、その前にそもそも湯シャンの匂いって何だ?
どこが匂うんだ?頭皮か?髪か??
さらに元々頭皮や髪って何の匂いがするんだ?
 まぁ頭皮の方はわからんでもない。
体臭だよね。汗や皮脂の匂い含み。
髪…って汗腺ないんだから匂わないはずだよね?せいぜい頭皮の匂いが移るか、あれか、外気の匂いが移ると言うやつ?
とは言え、外気の匂いはこの際湯シャンに関係ない。
 湯シャンの体験談の多くに、頭皮はともかくとして、髪が臭くなると言う表記があったのだけど、これ、どういう匂いの事なんだろう。
古くなった油の匂い、と言うが古い油の匂いを知らんのよね。
 しかし状況を考えるに、頭皮の脂が髪に移って、頭皮の方は新陳代謝及び湯で洗い流してるから蓄積される事は無くリアルタイムで出る汗の匂いくらいだろうけど、髪の方は洗い流しきれてなくて匂う…って事、かな。
特に毛先が匂うと言う。
 …そもそも毛先以外、自分で確認出来なくなぁい?
あ、頭皮とか根元、指でこすって確認するわけか。

 で、読みこんでいくと思い出す項目がありました。
それはシャンプーを使っている時の話。
毎日シャンプーをしたとして、夏の汗を掻く時、夕方頃にはもう髪に流れてる汗が梅雨時の生乾きの洗濯ものよろしく湿って『体臭』って感じの匂いがシャンプーの残り香と一緒にしてて…―って、あれか。
 まだたかが半日~1日、及びシャンプーの残り香がしてるんで臭いレベルではありませんでしたが、髪や頭から体臭を感じると言えばそれくらいしか思いつかない。
となると汗を掻くようになるとヤバイのかもね。

 夏の汗で思い出しましたけど、夏の必須アイテム、制汗剤。私、いつの頃からかしなくなってました。
理由は特にないけど、強いて言うなれば私の制汗剤の使い方は少しおかしかったのかもしれない。
冷却スプレー代わりでした。
それが冷却スプレー自体が普通に売り出されるようになり、暑さ対策ならそれが良いとそっちに行っちゃったんですよね。
 そもそも、汗なんて止められるか、と。
パウダーイン如きで流れる滝のような汗は堰止められませんし、止めると体に悪そうだし。おまけにスプレー独特の匂いも嫌いだし、香料も嫌い。
友人に言ったら、「違げぇーよ、汗を止めるんじゃなくて匂い防止だよ!」と突っ込まれましたが、じゃあなんで制汗剤なんだよと。
制臭剤とでもしておけ、と思っていた所、不思議な事に気にしなくなれば気にならなくなるもので、匂い…別に酷くなる様な事は無かったんですよね。
(はい、これも自分では解りません。一応これは友人同士で匂い合い、大丈夫と確認し合いました。実は私の方は制汗剤使ってなかったんですけどね、プラシーボじゃね?)

 さてしかし今回の件は服の中の脇や背中の汗の話じゃありません。外に出ぱなっしの髪の匂いです。
優しい知人達の意見は切り捨て、本日審判に挑みました。
世でもっとも包み隠さない意見を言うであろう母親に、匂いを嗅いでもらったのです―。
 実は母親にすら湯シャンしている事は言っておりません。
互いのシャンプーは別だから減りは解らないだろうし、湯シャンを始めてから周囲への匂いの気遣いとして、髪の毛をおろさずに括って生活してるんですよね。
日中こまめに枕とか日干ししてくれている母ですから、枕が臭かったらそこからバレるはずだし…。
 しれっとした顔で、「最近獣毛ブラシに変えたんだけど、なんか私の頭、臭くない?獣臭とか、体臭とか…」と、洗髪後でなく洗髪直前に嗅いでもらいます。
答えは「いや、まったく無臭」。

湯シャン仮免おめでとうーっっ!(*ノノ)

 よっしゃっ!今のところは無臭だ。
時折この手で確認しててらいのない意見を聞いていこう。
ほっと一安心。
続けるぞ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック