元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
予想よりも
 長かった。

何がってまず抜糸ね。
数日で抜いてくれるもんだと消毒に通っておりましたが、まだ抜かない、まだ抜かない―。
思わず聞いちゃいましたよ、「いつ抜糸ですか?(´Д`;)」。
(いや、普通最初から聞いてる様なもんだろうが。)
最低でも10日程はかかるとのお言葉。
 うぇええぇ…。そうだっけ?そんなもんだっけ??
部位、大きさに関わらず、皮膚が繋がる時間ってどんな手術でも一緒なのかな。
今回切り口が小さかったので、もっと早いイメージでした。
 てっきりもう繋がってるもんだろうと、

普通に歩き始めてみたりなんかし―

ヤバイ。それ聞いて慌ててまた歩かない生活に戻しました。(まぁ私の場合、抜糸した後の方が、調子こいて傷口開くような真似しそうなんですが。)
 いやぁ、さすがに散歩しようとかはしてませんよ?
こう、わざわざ電車バス車タクシーを利用するような生活をもう少し続けるって事ですわ。

 周囲から松葉杖しないんですね、って言われましたが、決してするようなレベルじゃありません。足だから大げさな動きになりますけど、どこにも触らないような部位なら、でっかい絆創膏ひとつで終わりの話だと思います。
むしろ傷口が全体重のっけた足で押されていつまでも治らない、傷口が開く、こっちの予防でしょうね、松葉杖案は。その傷自体が酷いんじゃなくて、傷口に塩塗る行為がいけない。
 確かに歩き方は足を庇っていると言うか、テーピングガチガチのせいで、着地角度がどうしてもおかしくなり、すごくギクシャクしてます。関係ない方の足が筋肉痛でそっちが痛い。股関節も凝るなぁ…。気持ち悪い。
 あと触ると爪の下の肉部分くらいの感度に痛いから、どこにもぶち当てられないし、踏まれそうになるのを必死こいて避けるのみ。
靴が履けなくてサンダルなのでここら辺は余計にガードしないといけません。
もうダイレクトにガーゼと包帯とサラシと、とにかく巻きまくってテーピング、クッション作ってガードしてます。
 ついでに靴下何枚履きにもなるので一気に洗濯回転率、及び新しい靴下を下ろす枚数が増えました。
仕事上ストッキングも必須なので、片足だけ爪先を切ったストッキングで対応…ふふ…毎日使い捨てだよ、ストッキング。(泣笑)意外な所で金食うな。
 あともうそろそろ片足上げ風呂が辛くなってきた。姿勢もそうだけど、湯船から出た足が寒い…。

 で、病理検査の結果も長引いてるみたいです。
…なんで?立て込んでるの?焦らしプレイは好かぬ。(´Д`;)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック