元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
偉大なるしゅららぼん
偉大なる、しゅららぼん偉大なる、しゅららぼん
(2011/04/26)
万城目 学

商品詳細を見る

 万城目…っ!彼にハズレ無し。早速行ってみましょう。
今回の近畿シリーズ、琵琶湖です、滋賀です。
ざっくり言うと『人の心を操れる一族』の物語。いいなぁ、超能力もの?!カッコいい!!
タイトルからキてます。
 彼のネーミングセンス、言語センスには一目置かざる得ない作中単語が多いのですが、『グレート清子』とか追随を許さない言い表し感です。彼女の脳内映像は『モンキーターン』の顔の大きい彼女を、弟の方は『パタリロ』殿下を思い浮かべずに居られません。
この姉弟は素敵キャラだ…。
 さらに一族ものでもあるので、ライバル一族のキャラとか入り乱れ。
基本学校に一族のご子息連が集まって云々カンヌン、なのでこれがまた楽しい。
 とは言え、学校内で事件が…とかバトルが…とかという展開でもなく、基本、ノンポリの主人公が不思議な力を主軸に巻き込まれ―、と言う万城目氏の十八番とも言うべきテイスト大爆発のお話です。
 中盤以降、お家同士の話になってきて、各キャラの秘められた設定が顕わになってきた頃からさらにおもしろく。龍神とか、超ファンタジー!(笑)
清子さん最強。淡十郎知的。棗カッコ良すぎ。
主人公…うん、君はそのままでいてくれ。
 見せ場がないと思われがちな主人公ですが、何気に繋ぎ役としてなくてはならない存在です。
パタ子さんや、ラストの思わぬ伏兵と言い、万城目氏の作品は本当にキャラが輝く。
ヒロイン(?)だけイマイチ話の核に触れないからか、魅力がわからなかったけど。いや、あるいは棗妹がヒロインなのか?違うと思うが…。
 これ…映画にならないかしら。ホルモーに続き相当おもしろいよ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック