元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
夢みる宝石

 確かあらすじは、家出した少年が見世物小屋に混じって成長していくんだけど、そこの団長がとんでもない事を企んでいて、団員たちとそれを止める話―。
 合ってた、けどこれは実際読んでみると予想していたようなお話じゃなかったな。

 まず、SFファンタジーなのも知っていたんだけど、『妖しい雰囲気』と言うより『本当に奇想』であった。
 例えば小さいままの女とか、爬虫類みたいな見た目の男とか、(昔の本だからか今は禁止されている用語の呼び名)とか…そういった見世物小屋系のビジュアルでファンタジーっぽいんではなかった。
 そもそも主人公の少年はそれこそ少女に化けて歌手としてこの一座に入り込んだので、それだけで絵になりそうなもんなんだけど、この本のメインメニューはあくまでも『不思議な力を持った水晶』。
 それでいてそれにまつわる団長の変質的な所とか、暴力、精神的苦痛、そう言うのがソースに絡む感じ。

 その水晶も、何やら生命の傷を修復するとか、はたまた傷口を作るとか、治癒力を超えた変質能力が根本で、団長はそれを元に『まるまる一体の人間が出来るんじゃね?』と世を忍んで実験をしている。
…もしかして、一座に居るいろいろ肉体的に欠如を持つ団員たちは、その実験作??
 ―この辺りは最後の方にいろいろ驚く展開があるんだけど、簡単に言うと『水晶人間』と言う存在があるのね。
そこまで読んでようやく、タイトルがそういう意味かと合点したわ。
ははぁ、なるほどなぁ!

 ラストはハッピーエンドではあるのですが、ぼんやりとしたただ平穏と言うものを得たにしろ、揺るぎない自認された幸せと言うのが、主人公らの場合何なのかわからないのでちょっとだけこちらの気持ちが尻切れトンボ。
 まぁ、平穏無事に暮らせれば、それで幸せなのかなぁ…うん。
これは怪我じゃない、持病だ
 一時的にひどくなって治るのが怪我なら、もう症状固定であんたの体の通常運転はこんなもんですと言うのが持病。。
と言うわけでもう四十肩は私の単なる『慢性肩凝り』になってしまった気がします。うぉーっ。(´゚д゚`)

 いや、一、二度治ったはずなんですけどね?
腕も上がりますよ?うん。
 ただね、ピンポイントに3か所くらい首、肩、腕の付け根が痛ったいの。痛ったいの!!!
 四十肩の時は本気で腕が上がらなかったので四十肩と言えたんですが、もはやこれは『ひどい肩凝り』としか言えない…。
(時折肩が上がりにくいんですが、後遺症的な。)

 そんなこんなで破れかぶれで以前買ったエレキバンが週末に活躍しています。
何故週末か。
1、絆創膏がかぶれる。
2、そもそも貼り返るのに一回10分くらいかかる。

やってられっか~っっ!! (ノ`Д´;)ノ = ┻━┻

(次点に湿布がありますが、時短は出来ますがさらにかぶれ、かつ明らかに首に湿布貼った人です。)

 で、効いてるのかは知らんのですが魔除けみたいなもんです。刺激自体マイルドなので、まぁ邪魔にはならん。
しかし弱すぎるので常時つけておけないかと…。

 マグネループデビューが来たか…。(ゴクリ)

 ついにポチってしまった私。
これで家にいる間は常にマグネと一緒★(*ノωノ)

 ―その内お外にもつけていくようになります。うん、加齢って怖い。
読まずに死ねるか!

 本のストックが切れ、慌てて手に取った本。
が、うーん、ちょいハズレ。

 本の紹介本(エッセイ?)と思ったんだけど、確かにそういうジャンルなのですが、肝心の本の中身の感想が、テーマ一方向のみ、あらすじ無し、本人の読んだ一部感想(切り抜き)とかで、これは元本を知っていて一緒に冗談やテイストを分かち合う読み方をしないとダメな本だと知りました。
 むむむ…新たなジャンルは広げられず。
慌ただしく
 過ごしている内に本のストックが切れました。マジか。
―と言うわけでしばし本集めの旅に出ます。
不定期更新スタート。
テンションの下がるボーナスの使い道
 今年の夏のボーナスは、うん、健康維持代に消えたゾ★っと。

 ええ、はい、再び四十肩が帰ってきやがりました。
何なの、何がきっかけなの??
そして何をどうしたら治るの?てか治らないから再発したんだろうか。
 時間薬かもしれませんが、それでも整体やマッサージに行って誤魔化すしかないのです。
ふはは、お大臣だ、今私はマッサージお大臣だ!!連日痛いぞ!
…うん、テンション下がるわぁ。(;´Д`)