FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
閉じた本

 あらすじを聞いた時に『ミザリー』かと思った。
 えーと、盲目になった小説家の元に青年助手が雇われたんだけど、どうも青年の動きが怪しい…と言うお話。
タイトルの妙にもやられたし、どういう展開かが気になって読んでみる。
 しかし最初の扉に書かれていた一文が、読み方によってはどんでん返しがお約束通り、みたいにも読めてまさかな、となる。

 そしていわゆるラストに向かうわけですが、えーと、想像通りやっぱりミザリーやん、過去の憎悪とか後出しすぎるしフェアじゃないなぁ~―と言う中からの、もう一丁どんでん返し。
 ―これだ、これがないと、ここで終わってたら駄作すぎると本当のラストに期待する。
のだが、…あー…まぁ、そんなに驚きがないというか。

 閉じた本、いやこの場合は原題の方がしっくりくるんだろうか?
 結局殺された盲目の小説家は字が書けましたってオチなんだけど、私は最初、盲目の小説家がインクなしで字を書いていて、青年から見たら真っ白なノートだから気が付かなかった、これぞ『閉じられた本』!と言うオチかと思いきや、普通にインクで書いてあって…。
 えー…単にこの日記が見つからなかったってだけ??え?と大層がっかりのオチ。

 途中、青年が明らかな嘘を盲目の小説家に世間のニュースや風景として教えるあたりはまだワクワクしたんだがなぁ。著作を奪うとか、別の世界を教え込んで何か企んでる、とか。
 ちょっとありきたりのお話で終わった気がします。残念。