FC2ブログ
  
元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
禍記(マガツフミ)

 ホラーの合間に他の本読んでる気がする。そんなホラー本。伝奇っぽいのか?
そうすると『禍記』と言う伝奇本に出てくる怪異を準えて、現代版怖い話として短編をまとめてると言う構成でした。
 しかしこの話をまとめてある方の年寄りホラー作家と若い編集娘がどうも『48(仮)』みたいで、定番ながらも不快な気持ち悪さ。(褒めてない。)
 が、一話目の怪異、取り換え子の話はホラーだけどホラーじゃないともとれる絶妙なタイトロープで、主人公の置かれた立場や心細さ、疑惑などがサスペンスのようで心底怖かった。
素直に怖い話。
 その後も天使蝶の話や百目の話、どれもこれも相当じっとりとしていてきちんと恐ろしい。
ホラーながらも理論立てた設定があり、あるかもしれないというライン読みが巧い。
素晴らしいなぁ。何でもかんでも謎や不思議、怪異だからと終わらせる投げっぱなしの話とは一味違うわ。
 なお幕間の編集の話だけが途切れ途切れのせいもあり、かつ唐突すぎる怪異への片足突っ込みなのでどうにも馴染めない部分はあり。えー、唐突にも程があるよ。

 ―で調べたらこの人、『UMAハンター馬子』の人かよ?!えー、びっくり。面白系じゃなくて真面目ホラーこんなに上手いなんて…。
 そしてさらに…『イルカは笑う』の人でもあった。おいおいおい、ショート系もいけるとか、どんだけ多才なの、この人。