元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
外来種は本当に悪者か? 新しい野生THE NEW WILD

 心のどこかで思っていたが、はっきり言えないモヤモヤをこの本は言っちゃってくれてます。
第一前提として、自然って何さ?って所。
外来種が入ってきて在来種が淘汰されたら、弱肉強食、それが自然じゃないの?って事です。
 うん、歴史上本来は『人間が手を出さないのが自然』なはずで、ところが人間はもうずーっと自然に手を加えまくりなので、もはやこの地球上に本当の意味での原始の自然は残っていないとも言えます。
かつ人間も動物の一部だとか。
 そして在来種を守る気持ちも、人間の感傷的なものであるとの指摘。
まぁだからと言って無暗とほったらかしにしろと言うのではありません。
ひたすらに外来種が悪と決めつける事に疑問を呈している感じ。
 確かに人間の輸送や移動に伴い付いてきてしまった種や思惑によって持ち込まれた種、それの短期的な原因は人間ですから、戻そうと言う義務はあるかも知れません。
しかしそれで良い効果もあると言う事も忘れてはならないと言う事。
 面白かったのは、とあるはげ山の島を、人間が作為的に『色んな環境の色んな植物』を選んで植林したら、これがまぁ独自に生態系を作り出して上手く回っちゃっていると言う事例。
原産地の違う見知らぬ植物たちが隣り合わせる自然でない島でありながら、完全に植物たちだけでサイクルを完成させている。
こういうのは興味深いですね。
 結局『こうあるべき』と言う完成された姿が自然にはないんです。あるのはただパワーバランスが釣り合った状態のみ。
適応していく途中で、弱肉強食が起こり淘汰されていく―。
 人間が自然と関わっていくと言う事を考えさせられる話です。