元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
わざと忌み家を建てて棲む

 このタイトルに率直にビビって。
なかなか攻めてるテーマだよね。面白そう。
 で、この人、『のぞきめ』の人だったのね。
あれは面白かったので期待です。
 そうしたらこの本、家シリーズと言う感じの2作目だった。…あら、先に1作目を読むべきか?まぁ単品で読めると書いてあるので気にせず行ってみようか。

 そもそもが奇妙な建物ミステリーやホラーは多いものの、ここまではっきりと『忌み家』と言えるだけある家のお話です。
なんと殺人だの何だの、祟りや呪いの染みついてそうな家々を、丸ごと解体して持ってきて組み立て直して、ご丁寧に家具まで再現。そんな家々を、なんと複数くっつけてひとつの建物を作っちゃったと言う。
 だから見た目からして異様。
洋風が和風になり、見る角度によって全く違う家に見えると言うやつ。とは言えひとつひとつの家々は繋がっているとは言え独立はしているので、黒い家とか白い家とか呼ばれながらも、住人はここに住む事になる。
 そう、これを建てた酔狂な主は、ここを賃貸にして『そういった家に住むとどんな事が起きるのか』を賃貸人に記録させて、何やら実験めいた事をしていたのです。
 こういう記録が昔の蔵から出てきた事で、作者(よくあるホラー小説家設定―と言うよりこの作者本人)が本物の話を本にしましたと言う体裁。
 ひとつひとつの家の怪異の記録を追う形は良いし、怖さの種類も違う攻め方に見えて飽きは来ないんだけど、終盤で一気に醒めたのが、怪異に遭っている最中に『ここで宣伝』と断って自分の本の宣伝をしている所。
 いや、作品内原稿にそう記すのは全然自然なんだよ。
怪異に遭ってもこれと似たような事をあの本の時に調べて書いたな、とかなら自然な回想の内でしょ。
でも今まさに追いかけられてる最中に『ここで宣伝』はないわぁ。
後から書いてる態だけどそれでも萎えまくり。
 自然に『昔の○○と言う本で書いた○○を思い出した』とか、馴染ませる事くらい出来るだろうに、主人公の作者視点の話に、急に第四の壁状態で読者にメッセージって…。
緊迫感台無し。
 そこまでは普通に楽しんでいたのになぁ…。

 そのせいか、ラストもちょっといまいちに思えた。
新しい貞子でも作ろうとしたかのような不気味な女性キャラ(の正体)が鼻に付く気がしたし、キャラもパンチに欠ける。実話です、との囲い込みも少々過剰。
最後のページ数の偶然とかは本当に蛇足。
 ひとつ躓いて一気に疾走感を失ったホラーとなりました。
 序盤中盤までは面白いです。