元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
水の森の秘密 こそあどの森の物語 12

 やっと続き~。
今回は似ても焼いても食えないキノコを、とうとう料理する方法に気付いたと言うわけで、森では皆が新しい料理に舌鼓。
あんまりにも美味しい上、保存も効くし調理も簡単。今まで誰も見向きもしていなかったそこら辺にあるキノコなので、皆で取りつくしちゃう。

 最初は何か変な毒の話かと思いきや、この話はもっと深かった。
数か月後、森が何故かぬかるんできた。
今まで冷えていた地下室が冷えなかったりと、少しおかしな状況。
 てっきり私はあのキノコが水を吸ってたんじゃないのかと思ったのだけど、ぬかるみはとうとう大洪水を起こすまでに。
あっという間に家々は半分以上水浸しの大災害!
 恐らくは水が流れ出る湖の出口に何か詰まってるんじゃないかと調査隊を組みます。
すると何かぷよぷよした生き物が大量に水の出口に詰まっているのでした。
 ここでまたキノコが逃げてきて詰まっているのかと思った。

 しかし今回はとことん予想が外れます。
それはキノコだけを食べて生きていたれっきとした生物で、森からキノコが無くなり飢える寸前で動けなくなって巨大化した物でした。
(キノコの代わりに水を飲むしかなくて、膨れ上がった。)
 せ、生態系の崩れを教えるとか、この児童書は何気に凄いな!主人公の先生が『キノコを採りすぎて誰かが困ったりしないかな?』と(今まで誰が食べているのを見た事もないキノコにも拘らず)憂慮していたとはいえ、先を読ませないし…。
 しかし過度な採取が原因だったわけで皆は反省。
自然のバランスとは行動即結果ではなく、複雑に絡み合った微妙なバランスの元に成り立っているのです。
 保存していたキノコを与えて洪水も収まり、再び平和に。
 ラスト辺りのセリフに、『何でも森が与えてくれるのに、たくさん物を溜めたら安心出来る気がして今必要ないものまで持ち過ぎていた。それは森の恵みを無駄にしてしまっていたのね…』と反省するシーンがあって、ミニマリストかくや、と思えて苦笑。

 改めてこの人の児童書に唸る作品でした。テーマを二つも織り込んで先も読ませないし…最初にこの人に惚れこんだ作品に次ぐぐらい良いのを読めました。