元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
文藝モンスター

 薄いのでサクサク読めるかな。
 あらすじがまず、良いね。
小説家たちが集まった宿屋で殺人事件勃発。
それを解く小説家たち―と。
 これだけでかくも煌びやかな名探偵っぷりを感じるのだけど、実際は推理小説家だけでなく、ホラー作家や恋愛もの、SF小説家とバラバラな作家陣なので、推理合戦にはなりません。
得意所のバラエティさは良いんだけど、実際に推理をするのはホラー作家…みたいだし。

 一応主人公は新人作家の女性みたいなんだけど、読んでる間中、この子の言動が初手からいちいち怪しくて、語り主が犯人か?と訝しんでしまう事多々。(とは言えアリバイ的に犯人には思えないし…。)
最終的に犯人はちゃんと別にいるんですが、むしろこの新人作家の正体の方がストーリーとしては面白く感じたかな。

 全部解いちゃうホラー作家の、別に犯人を見つけたいんじゃなくて訳が分からない事は怖いから、納得したいだけと言う消極性もキャラ的に良かった。
(このホラー作家、怖がりのあまり知ってしまえば怖くないと言う理論で死体もガンガン調べるし、犯人も突き止める。知らないから怖いと言う論理は、アリだわ。)
 キャラが楽しい感じなので、こういうシリーズがあったら面白いだろうな。