元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
イギリスの学校生活 娘のハイスクール体験

 発行年からすると古い話なので決して今のイギリスではないのだけど、軽く読み物として。
 父親の海外赴任に家族全員で移住、学生だった娘のてんやわんやのお話、と言う所です。
まぁ父親の方が語っているので、手続きや日本との学校の兼ね合い、卒業資格とか色々帳尻合わせる苦労話が大変そうでした。
入学月も違うし、学年をずらして対応しなきゃとか、どうしてもね。
 英語力の事は始終付きまとうのですが、教育の中身も相当違うようで、みんなで同じ事を学ぶと言うよりは自分のレベルに合った教室へ各自散っていくような授業スタイルの様です。
だから一科目にレベル別の先生が大勢いる、と。
 理にはかなってるけど、贅沢なシステムだなぁ…。
 あとそもそも統一学習容量が無いので、学校によってやらせる内容がすべて違う。
著者は絶賛していましたが、いろいろ大変じゃないのかな、これ。
 画一的な試験で子供の能力は測れない、とか言いますが、同じテストで公平かつ出来を数字で明確にする事、これはこれで攻められる謂れはない気がする。そりゃテストの勉強が身に付いてるかは個々の問題だけど。
 イギリスはここら辺、歴史だと何年に何があった、でなくどのような流れでこういう事が起こった、と言う因果を理解し、それに対して自分の意見を持つ事が重要視されている。それは詰め込み型の学習よりもはるかに意味がありそうと言うのは解るけどね。

 しかし驚いたのは国で必須とされているのは『宗教教育』のみで他は何も必須でないと言う事。数学も社会も理科もやろうがやるまいが、学校の自由。
これ、学校教育を受けたすべての人間に共通の知識が『宗教』以外になく、これは知ってて当然、出来て当然と言う前提が全くないに等しいよね?
 やはりある意味不便…。義務教育レベルの土台が合って交わされるお約束が通じないわけだし、日本的に言うと集団生活でスムーズな流れが期待出来ないなぁ。
代わりに得意な事は凄く得意と言う能力は育ちそうだけど。
 まぁ、どっちがいいとは言わない。
単純にそれぞれの社会に合った教育システムってだけなんだと思います。だから深く考えずイギリスの教育は良いから日本でも組み入れろ、とか学校内部だけの話で判断するとおかしな事になっちゃうと個人的には思います…。

 しかし学校で宗教を習わせるんだというのはカルチャーショックですね。
あちらの文化はキリスト教ありきの文化と言う点では、確かに皆が持っている学ではあるようですが、これは歴史や背景を習うのか、はたまた神の存在まで論じちゃうのか…ちょっと構えてしまいました。
 日本人がお寺で説法聞くのとはまた違うのかね。仏典なんか触れた事もないし、習わされたとしたら…せめて好きな神を選択したい所です。(無神論用の学問があっても面白そう。)
 教育の自由や個々を重んじると言いつつ、宗教は有無を言わさないって、何なんだろうな…。
横道に逸れた感想を持ってしまいました。

 何にせよ娘さんが体験したイギリスでの学校生活は、確かに有意義なものであったようで、英語と言う壁はあったものの、学習のひとつひとつに意義があり、教師は誇りにかけて生徒を教え、素晴らしい時間を過ごした事が解る本です。
 それとは別に、改めて横道ですが、今の時代の海外の学生の生活を知りたいな、と言うのと、ちょっと海外での宗教教育に興味を持ったと言う感想も。
 あと、自分の英語能力のなさに少し虚しさを覚えてみたり。
うん、数年の授業の意味は…。