元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
バベル九朔

 万城目さんの。好きだわー。
いつもの様に緩くておかしな話かと思いきや、確かに奇想天外の話なんだけど…ちょっと固い??
雰囲気の話なんで、構成に手慣れてきたからファニーさが減ったとか、経験の分だけ失っていく何かの様なものではないと信じたいが。(『風太郎』の時よりは大分おかしな話に戻ってきた気はする。)

 相変わらずタイトルだけでは予想もつかない話なので、どんなあらすじかと言うと、小説家を目指し汲々している主人公は、祖父の遺産の雑居ビルの管理人をしながら暮らしている。そのビルの名前が『バベル九朔』。
 しかしある日、カラスの様に濡れ羽色の髪、ぬめっとした光沢の黒ドレス、反して光るように白い胸の谷間を持つ美女が彼の前に現れ―なんだかよくわからないが襲ってくる。
どうも彼女はバベルの扉を探しているらしいのだが、そんなもの、主人公は露ほども知らない。
しかしどうやら祖父が残した絵画から、妙な空間に行ける様で―。
 と、バベルにはこの不思議な絵の向こうの世界と言う意味も含まれています。その絵の中には正しくバベルの様な塔がそびえ立ち、そこには謎の少女、そして死んだはずの祖父が居る??
謎、謎、謎で始まります。

 いやぁ、基本的に主人公の敵味方が割と最後まではっきりしませんので、ドキドキし通しでした。
もう嘘や偽りの姿オンパレードで、罠もやらしいやり口だらけ。
 基本的に奇想天外な話は話なんですが、キャラが少なめのせいか、万城目さん特有の軽妙な感じはしませんでした。(鼻の話はなんだか相変わらずだなぁと思えたけど。)
ラストに通じる部分はむしろ重いくらい。
 成程と思える解決方法だけど、主人公一人だけが結構な代償を払っている気がするから、余計に。
 ある意味希望はあれど怖い終わり方なんだよね…。(いや、しかし成功してくれる予感は抱ける位、主人公に信頼は出来た。)

 ちなみに些細な事ですが、カラスが随分と目の敵にされている扱いで、カラス好きとしては複雑な気持ちの序盤でしたが、そこには確かに畏怖の念が含まれており、ラストはなかなかの扱いでした。
 カラスが太陽と言うキーワードに繋がる辺り、八咫烏を思い浮かべたり、あと本の中で湖の民の話が混じって来るんですが、え、『しゅららぼん』とリンクしてるのかな?この本の世界観。
 久しぶりに万城目さんの奇妙な小説を読めてご満悦。
あっという間に読了。