元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
祝山

 呪山じゃないんだぁ、と久しぶりに加門さんの本。体験、実話じゃないし、書下ろしらしいし…と地雷は避けたつもりなんだけど、『実話が基』とか匂わせてるから、ちょっと鼻に付く部分は残る。
加門さんの作品、昔のやつは面白く読めてたんだけどなぁ…。何だろうね。
 ストーリーとしては愚かな自己責任の肝試し、そしてそれを冷静に諫める霊感のあるアタクシ、と言う分かり易いもので新鮮味はないんだけど、畳みかける怪異も、最初は偶然、何でも祟りに結び付けるなと思うものの、ここまで続くと気味が悪くなっていく様子がよく表現されていて。
こう言う所で文章力や筆致に確かなものがあるから感覚が合わなくなってきていてもつい読んじゃうんだよなぁ。
 上手いと思ったのは祝山の呪山にせずに別方向へ着地した部分。ああ、読み側に注目するのか。綺麗に嵌った。

 あとまぁ、登場人物が全員、霊感ある側もない側も枠が狭い感じで、他者に対しての決めつけが多くその意味ではオカルトと別の息苦しさを感じた。
 でも自業自得系の話は確かに読んでいてスッキリするもんで、肝試しなどとやっている人間がそれ見た事か、の穴に落ちていく様子は黒い感情が満たされる。
おせっかいや好奇心を出した主人公までもれなく、と言うのが得体の知れないものの感覚なんでしょうが、まぁ首突っ込んで来たら怪異側としても手ぇ出すくらいするわな。
それに首突っ込まないとこういう話は進まないし。

 シンプルな素材をしっかりとした味付けにした作品。悪くなかった。