元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
Amazonで変なもの売ってる

 いやぁ、谷山浩子氏もどんどん本を書いてくれるなぁ。嬉しい。
てっきりエッセイ集かと思いきや、物語でした。…なんと言う名指し本。(Amazon関係で連載していたんだそうで、成程。)
しかし薬を買うなら○○…とかお店の名前まで出てて、確かに、あそこで買うよね!と変な笑いが。

 相変わらずファニーな物語で、後半に行くにつれ、Amazonで変な物が…と言うよりはいつもの谷山浩子節になっていくわけですが。いやぁ、どこか怖くて、不条理で、いやいや、何がこの世界の定理なのか、さっぱり解らん混沌へと進んでいくのです―。
 ストーリー的にはとある姉妹がアマゾンで謎の物体を通販したら、PCから猫の様な少年の様な生き物が出てきて、PCの中へと誘います。
その中で姉妹は、不思議な存在に出会い、普通では見えない変な商品(さっき買ったような物)の説明を聞き、今後もそういう物が見えたら教えて欲しいと頼まれます。(カスタマーサービスに。)
 実はAmazonは、不思議な存在達がそう言ったものの調査をするために利用している場所だと言うのです。そしてそれは社長も知らない秘密だそうで。
 その不思議な存在がそもそも何かが既に謎なのですが、姉妹にはその存在達はそれぞれ別の姿に見えます。どうも自分がそう思える姿で認識してしまうとの事で、こうなってくるとこの自分フィルターのせいで、何が本当の事か解らなくなってきます。
 自意識が信頼出来ないレベルにまで、お話は溶けあい、正しく彼女の作る歌の世界へと不気味な変容を遂げていくのですが…往年の彼女の歌よりはずっと明るくてさばけたお話だと思いました。
Amazonで連載…と言う事なんで気を使ったのかな?

 話の中では常に妹のツッコミが的確です。
そして最後までちゃんとストーリー説明出来ないのも、さすがの谷山浩子ワールド。そんな一冊。