元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
千里の道が進んでた
 さて、じんわりじわじわ、でも毎日の薬&薬で、大分と改善されてきたよ、肝斑と爪水虫。
いやー、もっと時間かかるかと思いきや、それなりに時間は経ってたね。
過ぎて見るとやるとやらないじゃ大違いの数か月。

 肝斑はだいぶん薄くなり、減薬期間に入りました。
どこにあったかは自分では分かるけど、多分人から見られても解んないと思う。明らかに薄くなりました。十分すぎる。(この場所、若い頃に肌診断した時から皮膚下メラニンの濃い部分だったので。そう考えると皮膚下メラニン、将来表側に出てきますよって話、本当だな。ただ出てこない所もあるからなんの加減か解らない。)
 爪水虫の方は、小さい爪2本の内、数字で言えば0.8本治った。(うん、一部だけまだ色が違うんだな。丸々一本の方は厚みが減ってきたけどまだまだ先は長い。)
 0.8本の方はあれだけ分厚かった爪が普通の薄さにスッと戻ったのがびっくりだわ。
もう二度とこの爪の厚みはこんなもん―とか思ってたけど、本当に薄かったんだねぇ…。
 しかし以前海外製の強力なやつ塗った時には何の変化もなかったのに、薬も強けりゃいいってもんじゃないと解りました。あれは爪周りの皮膚もボロボロになったしな。(おい)
 まぁ爪の方は長期戦、仮に綺麗に見た目が治ったとしても、そこからしつこく塗り続けていないと逆戻りするようなので、まだ序盤戦のつもりです。
丸々一本の方はまず厚みをさらに減らすところから目標にしよう。

 手のアトピーだか、湿疹だか、総じて手荒れ。
随分もつようになりました。
 前だと綺麗になって少し荒れて一気に血だらけになってなかなか綺麗にならないで皮がめくれて脱皮し終わるまで延々―ってサイクルが長かったんですが、なるべく予防&維持に努めてみたら快適な状態の方が長くなってきました。
何も塗らない方式でしばらく試していましたが、あれにより多少鍛えられた気もします。ただし洗剤なし生活との組み合わせの結果だろうなぁとは思う。
 実際流血レベルになると大人しく医者の薬を使った方が一夜で劇的な回復を見せますので、そこだけブーストして後の自己防衛は薬なしで自己修復能力を育てる、が効率良い感じで。
 洗剤なし生活も、シャンプーについてはもう手慣れたもんで、ただし湯シャンと言えども髪の毛染める時とか、美容院では普通に使用。
手にさえつかなきゃもう頭皮環境の方は仕上がってるし、トリートメントを使う機会も多くなってきました。手軽にトリートメント洗髪出来るから、楽したい時にね。
 ただトリートメントも手が荒れる原因にはなるから、ほどほどに、と。

 こんな感じで全体的にじわじわと小康状態。右肩上がりではあるはず。
がんばって夏を乗り切ろう。