元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
キミの名前

 タイトルだけ見て、君の名は、とそら見した。
箱庭旅団 [3]という事で、なんだかシリーズなのですね。
中身は短編。時々思い出したように続いている。

 『マミオ、地球を去る』
猫型宇宙人なので漫画で見たらさぞかし合いそう。
 『シュシュと空きカバンの住人』
折角親切にされたのに無視しなくても。
 『俺と兄貴が火曜日に』
時間改変ものだが、良い兄弟。これ、永遠に同じ日をめぐる心配はしないのか。
 『跨線橋の秋』
じんわり良い話。最期の時間に、こんな事出来るかなぁ。
 『クリスマスの呪い』
ダジャレ落ちだが、この名前ときたら…。
 『鬼が来る正月』
何が本当か解らなくなる怖さ。鬼から守るとはいえ、現実も守ろうよ…。
 『よいち異聞』
こんな文体も行けるのか。古文じみていて非常に読み辛かった。
 『さよなら、旅行者』
あ、色々な所で出てたトラベラーの話がついに聞ける?!こういう、カメオ出演系っていいよね。
 『シュシュ、途方に暮れちゃって』
シュシュの続きまで読めるとは。これ、わざと話を切って後から続けるとか、上手いよなぁ。
 『バルル原理』
最期のオチにも捻りはあるが、基本これは人間の身でも動物の言ってる事の方が理に適ってると思うな。いいよ、人間には秘密の原理で。
 『サトミを泣かせるな』
そしてここへきてホラー。さらっと本気ホラー。
 『夢見王子』
これもある意味怖いんだよなぁ…。夢との境界線や、堕ち方。
 『ボブ論争』
最後暗い話になるかと思いきや、おのれ親父。
 『キミの名前』
エピローグとごっちゃになりかけなんだけど、結局これが旅行者なんだろうか?
そもそもこの本プロローグが無かったけど、『3』ってそういう事?分冊なの?シリーズだったの?
『1』から読まないといけなかったかぁ…。短編連作だからいけると思った。

 しかしこの人、まるで関係なく手に取ったけど『鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様』の人なのね。
最後の最後に作者名確かめて気づいた。
 うん、この人、本気のホラーか、SFっぽい話の方が合ってる気がするな。