元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
月と蟹

 子供が自分たちで作ったオリジナルの神様に祈りを捧げ、その願いが叶い始めると言う、ちょっとホラーチックなあらすじに惹かれ。
 何と言うか、真面目な本でしたね。
その展開も然る事ながら、予想していたオカルト部分に頼る事無く、あくまで現実的に地に足を付けた話。
それでいてミステリー部分も絡んで、読み応えのある作品でした。
 ただ状況はすべて暗いです。

 まずそもそもそのオリジナルの神様は『ヤドカミ様』と言って、ヤドカリを焼き殺して作る神様。(ネーミングが絶妙だな。)
願い事一回に対して一匹だし、そこに行きつくまでにもっと多くのヤドカリが死んでいきます。
子供ならではの虫に対する残虐さが無邪気とは違うトーンでこの話には染みついている。
 主人公は転校組で学校に馴染めず、転校組の特に仲良くもない少年とつるんでいる。
そんな友人は家で虐待をされている疑惑。(て言うか完全クロですが。)
 主人公の父は船の事故を起こし亡くなっている。祖父と母で住んでいるが、祖父は癌に侵され、これがタイトルの『蟹』に繋がっている(キャンサー、って事ね。)
 タイトルは巧いなぁ。蟹と癌をかけて、腹を食い破っていく蟹のイメージとかを影で表現してて、こちらも作品に暗いシミをまとわせてるんだよね。
 で、学校には人気者の女の子がいるんだけど、その子の母親は、かつて主人公の父が事故を起こした船に乗り合わせていて、事故とは言え、母親は殺されたと思っている。―その割に主人公に積極的に話しかけて仲良くなろうとしている。謎。
 謎と言えばオリジナルの神様が願いを叶え始め、それが薄々と友人がやっているんじゃないかと思ったり、嫌がらせの手紙や、母親の隠し事―そんな小さな疑惑が少年の周囲にはたくさんあり、そこがミステリー部分としてうまく働いているのね。
 まぁしかし容赦なく暗い話なんで、主人公の母親と、女の子の父親は隠れて付き合っていると言う当たりが窺い知れてからは、生臭さも加わって、ひたすらに淀んだ圧力みたいなものが加速します。
 そもそも子供たちそれぞれに思惑があって純粋に仲良くしてるわけでもないので、救いがないんだよなぁ。それもすべて周囲の歪みのせいなんだけど、余計に悲しい。

 ラストの辺りは、ヤドカリが焼かれて身悶える様子が、登場人物一人一人のどうしようもなくもがき続ける姿と重なって重なって…。
それでも子供たちは子供たちなりの(結構メーター振り切った)進み方をしていくわけですが、決定的なハッピーエンドでもなく、アンハッピーエンドでもなく…現実はそんなもんと言う終わり方がざらりとした後味を残す作品です。