元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
敗者烈伝

 敗者から歴史を学ぼうと言う本。
割とたくさんの敗者が並ぶのですが…ただ勝ち負けって、どの部分で時を切り取るかで印象変わらない?
 死ぬ時の事を基本的に言うのですが、殺されたら負けだし、病死でもその時の状況、はたまた何を成しえたかで言っても相当歴史に残る事しないと、凡人とか、小物とか、結構言われまくりです。
…うん。なんか、空しい…。
 逆に勝者って何だろう??
 価値観もありますが、そもそも歴史に学んで勝つってのは、決して全く同じ状況はないのだから、相当応用が利いて行動出来、そこに運の良さも必要な芸当だと思います。
 そして信長とか、光秀とか、有名どころはネームバリューで読めたんですが、あまり知らない人の話は乗り切れなかったな。
あと、詳細は著者が書いたこういう本まで―みたいに結ばれている話がいくつかあって、ちょっと醒めちゃう。参考資料と言うか、何故か宣伝に思えた。
(それでいで膨大な資料のため、参考文献は載せませんと言う巻末。なかなかはっきりとした考え方のようで…。)

 まぁ、流し読みでさらっと。
勉強の為でなく、お話としてだけ読みました。