元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
超高速!参勤交代

 映画を見逃しましたんで、今更小説の方を。原作か…と言うより、脚本の人が小説を書いたようで、はて、これはどっちが先なのやら??(同時らしい。)

 以前に参勤交代を描いた別の小説を読んで、やはり無理難題な参勤交代をどう成功させるかがテーマだったのですが、そんなジャンルが出来つつあるのか、不思議なネタです。
 あれに比べるとこちらはかなりライトで、コメディ的なもの。
余計な説明はあまりなく、それこそ脚本の様に会話と場面切り替えでポンポンとテンポ良く話が進む。
騒動を予感させる忍者もたくさん出て来るし、基本的には苦悩もあるが、楽観的な幸運も多い。
 あー、なんか確かに映像にしたくなる感じだわ。

 またこの殿が不正許さじ、地味でも貧乏でもいいじゃないと、自ら農民に混じって温泉に入るような好感度の高い領主。周りに担ぎ上げられるよりは自分から『みんな頑張ろう』と参勤交代に体を張っていくスタイルで、これも上手く話が進むと爽快な感じ。
成程、色々と超高速なのね。
 後半に行くにつれ、一人一人のドラマとか、辛い展開が続くんだけど、ピンチの連続をとんとんと乗り越えてラストの気持ち良いハッピーエンドまで、とにかく一気呵成に楽しめる一冊。エンターティメントとして期待通りでした。

 続刊もいっちゃいたいな。そう、あるんですね、これも映画になってます。『超高速!参勤交代リターンズ』。
 この人、お伊勢講とか国替え引っ越しだのマラソンする侍だの、この手のジャンルが得意みたいねぇ…。面白そうだわ。