元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
えんの松原

 観光地的な土地名としか認識がなかったんだけど、内裏内の一部分の地名か…なるほどな。
 あらすじ自体はちょっと歴史ロマン的な感じで、事情があり女装して女官仕えをしている少年と、病弱で帝の継承権一位の御子がひょんな事から出会い―と言う感じ。
 蓋を開ければ時代で信じられていた怨霊がテーマのようで、成程、どこもかしこも悪い事は皆死んだ誰かのせいなんだな。
主人公は両親を殺した流行り病の怨霊を憎んでいるし、御子は今まさに怨霊に呪われている。主人公を取り巻く人々の中にも、血筋の者が怨霊になっただとかで風評被害を受ける者も居る。
 そんな中、えんの松原の中で主人公は鳥の姿をした怨霊たちに出遭う。(えんとは怨か?)
えんの松原は真に怨霊の住処であり、松を伐ろうとした男たちをも事故で殺す程の力を持っていた。
 主人公は松原に近づきたくはないが、御子を苦しめる怨霊が居るとしたらここだと、確信を抱きつつ女官仕えを続けていた。
しかしある日、御子を守る祈祷をする阿闍梨の言う怨霊と、御子が言う怨霊は別のものではないかという疑問が出て―。

 この辺りから物語は謎を帯び、読み手をぐいぐい惹き付けてくれます。
 この作品、何よりキャラが立っていると思いました。
男であることを隠さないといけない割に乱暴な主人公や、こっちが女じゃないかと思われるくらい病弱で儚げな御子。口うるさいが頼りになる老女官や、御子の関心を奪われまいと嫉妬を露わにしてくる美少女女官。
どのキャラも非常に練り込まれた自然な感じの立場と行動、心情で、生き生きとしています。
 また、真の怨霊の正体が解ってからは、御子の抜け出せない運命の哀れさやそのお話の行きつく先と、細やかなストーリー展開も魅力。

 児童小説の割に、古風だしページ数多いし…と思っていたけど、読んでみれば生き方について、真正面から語り掛けて来る力強さに溢れた本です。
時代小説の分、好き嫌いが分かれそうですが、なかなか読ませてくれました。