元モンスター描き。 諸々の感想と近況ブログです。   since2005.05.15
自殺予定日 Scheduled Suicide Day

 読んですぐに引き込まれました。
あらすじから面白そうだったんですが、細かい設定はおいといて、ぐんぐん読ませる流れがある。

 主人公は中の下の女子高生。
小さい頃に母親を亡くし、愛する父親は再婚を。
当然継母などに懐きはしないんだけど、再婚してすぐに父親が無くなると言う、今や他人の継母と暮らしている。
 しかし継母の些細な行動が鼻に付き、父親の生命保険や事業の乗っ取りを企まれ、父は継母に殺されたのではないかと疑いを持つ主人公。(多分誤解だと思うんですけど。そこまでの描写だとそんなに怪しいもんでもないしなぁ。)
勿論証拠も何もないので警察ではお払い箱。
 とうとう主人公は遺書に『継母が父を殺した』と糾弾して死ねば疑ってもらえる。嫌がらせに終わっても復讐出来ると考え、自殺を企みます。(払う代償も大きいし、狙い通りいくのか怪しいもんだが。)

 まぁ、自殺までの流れはどうあれ、とある田舎の山の中で首を吊ろうとすると、いきなり青年にタックルで自殺を阻止される。それも、同情で可哀想だとかでなく、「勝手に死なれて自殺の名所と呼ばれる土地の人の身にもなれ!人に迷惑かけて死ぬな!」と怒られ―。
 うん、正論。まぁただ、死んで自分の身は片付けられないから、誰かの迷惑にならない死なんて、なかなか出来るもんじゃないんだよねぇ…。
(自分でボート買って、太平洋の真ん中で身投げするくらいか?しかも自分を探す様な係累が全くいない前提で。将来的に死体が流れ着いたらごめんなさいだけど。)

 で、主人公が流れで自殺しない様に見張る青年は、話を聞き、「じゃあ証拠を見つけようぜ」となる―。
面白そう。
 青年は上手い事「見つかるまでやれ」と言い含めようとしたけど、主人公は待ってられるかと期限を一週間と決めます。
これがタイトルの『自殺予定日』。
 ここで、青年が幽霊だった事が解り、そこだけちょっとがくっと来たけど。出来れば生身シチュエーションが良かったな。(これについては後々すごく納得の行く終わり方になるので良しとする。)
 ただ、幽霊が故に死についての説教も効くし、ついて行く事は出来ないので、知恵は貸すけど行動は主人公しか出来ないと言う縛りは○。
 実際に主人公は、放任されているのを良い事に、夏休みを友人と旅行に行くと偽って、この片田舎のホテルに泊まり、一日一日継母の留守中を狙って帰っては家の中で証拠を探すのです。
幽霊青年のアドバイスに従って、PCを解析したり、ばれない様な変身をしてみたり―。
 そうこうしている間に、主人公は、友人たちとももめていたりと色々八方ふさがり気味なのですが、幽霊青年の容赦ない毒舌(いや正論なんですが)でべこべこにへこまされつつも、ちょっとは考えるきっかけを得ます。
そして探していた証拠がとうとう―?!

 そこからは一気に解決に至るわけですが、想像していたよりも素直で、綺麗で、優しい物語でした。
このタイトルからしてもっとひねくれた様な物語かと思っていたけど…。(優しすぎて流れが多少ご都合に思えなくもないけど、変にとんがった物語よりこっちの方が好きだわ。)
 タイトルにはWミーニングがあったのかな?

 分量の割にすぐに読めてしまいますし、複雑な話でもなくすっきりと。
構えずに読める優しいミステリーでした。